icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

和田誠の創作童話! ペットのおさるが、どんどん人間に近づいて…?『おさる日記』

2019年10月7日に亡くなられた、和田誠さん。イラストレーターやエッセイストとして知られる和田さんが、偕成社で童話『おさる日記』(村上康成 絵)の文章を手がけられているのはご存じでしょうか?

今回は、ユニークだけれどちょっとこわい、ウィットに富んだこの作品をご紹介します。

はじまりは、お父さんがお土産におさるをくれたこと。

 お話は、すべて「ぼく」の日記形式で進んでいきます。
 一番はじめの×月×日は、こんな風です。
 ×月×日

 おとうさんがかえってきたので横浜までむかえにいった。おかあさんといきました。おとうさんは日にやけてまっくろで、わらうと歯だけ白くみえた。おとうさんの船は二万トンだから、港にいるほかのよりおおきいからかっこよかった。半年みないうちにおおきくなったな、おとうさんはいった。おとうさんはおみやげをぼくにくれた。おさるをくれた。まだちいさいおさるです。


 パーサーとして船に乗っているお父さんが、半年ぶりの帰国でお土産にくれたのは、小さなおさるでした。かわいいおさるに夢中の「ぼく」は、おさるに「もんきち」と名前をつけてかわいがり、日々、日記を書きます。
 
 「×月×日 学校からかえるともんきちはにわにいてぶらんこにのっていた。」
 「×月×日 もんきちはまいにちバナナをたべていますが、きょうはじぶんでバナナをむいてたべた。だんだんあたまがよくなるのでたのしみです。」

 もんきちは、だんだん賢くなっていくようです。

できることが増えていき、毛もうすくなっていくもんきち。

 日記が進むと、もんきちの毛はうすくなっていきます。そして、冷蔵庫を自分で開けたり、テレビをみて笑ったり……。姿やふるまいが変わってきました。

 そんななか、「ぼく」は学校で先生から、おさるは人間の先祖だと習います。
「おさるは人間になったのだから、もんきちも人間にだんだんなるのかなとおもった。そういえばしっぽもみじかくなったみたいだ。」
さて、いったいもんきちはどうなっていくのでしょうか?

和田誠・文、村上康成・絵。かくれた名作に再注目!

 おもしろくてちょっぴりこわい、目が離せないストーリーはもちろん、この本が珍しいのは、イラストレーターとして著名な和田さんが文章のみを手がけているということ。児童書を書かれていたのを知らなかった! という方も多いかもしれません。
 
 数多くの名作絵本を手がける村上康成さんとタッグを組んだ、豪華な一冊です。ぜひ和田誠ワールドに迷い込んでみてください。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

子供が学校から借りてきました。私も(母)一緒に読んだところあまりにおもしろく、学校でも人気がありなかなか借りれませんので購入しています。今では私の方が読書が楽しくていろんな本を読んでいます。銭天堂様様です。(11歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む