icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

お月さんがおいしそうな食べ物に変身! ねじめ正一×さいとうしのぶの絵本

詩人のねじめ正一さんの文に、おいしそうな食べ物を描かせたらまちがいなし!のさいとうしのぶさんが絵をつけた、ちいさな絵本『まんまるおつきさん』。男の子が夜空にぽっかり浮かぶ満月を、いろんな食べ物に見立てていく、おなかいっぱい心も満たされる絵本です。


夜空にぽっかり浮かんだ黄色いまんまるお月さん。2階の窓からながめていたくいしんぼうの男の子が、お月さんをつぎつぎと食べ物に見立てていきます。

まんまる おつきさんって 
おせんべに みえるから 
ばりばりたべたら
おせんべ おつきさん

うーん!こうばしくておいしそう! 網でとるのもやってみたい!

まんまる おつきさんって 
めだまやきに みえるから 
もしゃもしゃ たべたら
めだやまき おつきさん

最初のページで窓からしっぽがでていた猫も、お腹をすかせて家からでてきました!

 半熟の黄身をストローですうのも、カリカリ大きな白身のはしっこをほおばるのも、想像するだけでたまらない!

まんまる おつきさんって
おこのみやきに みえるから
ソースとマヨネーズを かけたら
ソース マヨネーズ おつきさん

ソースとマヨネーズのまざった香りがこちらまでただよってきます!

 
 ついには男の子も猫も星にのって、おいしいお月さんを前のめりで食べちゃいます!  
 
 ねじめ正一さんのシンプルでありながら、意外なイメージが広がる言葉と、そこからわくわくする世界を広げたさいとうしのぶさんの絵で、お腹も心も満たしてくれる絵本。16cm×16cmのてのひらサイズの絵本ですが、夢がいっぱいつまっています。
 
 あなたには、まんまるお月さん、何にみえますか?

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

白狐魔記シリーズは歴史の苦手な私でもとても面白く、あっという間に読んでしまいます。このシリーズがずっと続くといいな、と思います。誠実な狐にとても好感が持てます。偕成社さんは子供に本当に必要な本を頑張って出して下さっていて感謝です。児童文学がすたれてしまわないように祈ります。児童文学は貴重な財産です。(14歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む