icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

わゴムやストローなど、身近にあるもので作れる! 「ちょこっとできる びっくり!工作」シリーズ

「工作」というと、材料をあつめたり、広い場所を確保したりして、時間をかけて取り組むもの……というイメージはありませんか?
きょうご紹介するのは、材料も作る時間も「ちょこっと」なのに、遊ぶ楽しさが大きくて「びっくり!」という、工作絵本のシリーズです。対象は小学校低学年〜。夏休みの課題にもぴったりです!
 

身近にあるものがテーマなので、取り組みやすい!

 「ちょこっとできる びっくり!工作」(立花愛子・佐々木 伸 著)は、全4冊のシリーズです。『わゴムのふしぎ工作』『ストローのふしぎ工作』『せんたくばさみのふしぎ工作』『かいちゅうでんとうのふしぎ工作』と、どれも身近にあるアイテムがテーマになっています。
 
 
 いざ工作をしようと思ったとき、手に入れにくい材料や道具が多いと大変ですよね。このシリーズの工作には、その心配がありません。思い立ったときに、身のまわりのものを使って取り組めます。

こんなものが作れます!

 では、実際にどんなものの作り方が載っているか、見てみましょう。
 

 たとえば『わゴムのふしぎ工作』には、たこが8本の足を広げて回る「くるくるたこさん」、鳥が家をめざしてとぶ「ぎゅうにゅうパックのパチンコ」など、全部で13個の工作がでてきます。

 


 これらはどれも、ねじれたときやひっぱって伸ばしたときに元に戻ろうとする、わゴムの特性を生かした工作です。
 

 他の巻でも、使うアイテムの特性を生かした工作を、各巻13個ずつ紹介しています。

「のびちぢみストロー」。ストローの特性を使って息を吹きこみ、キリンの首をのびちぢみさせます。

「せんたくばさみブロック」。つなげるだけで、こ〜んなものもできちゃいます!

「ダンシングかげぼうし」。懐中電灯を照らすことでできる「影」で遊ぶ工作です。

それぞれの科学的な特性を知り、素材の力を生かして楽しめる

 シリーズに出てくる工作は、どれもそのアイテムの元々の使い道、つまり「素材の力」を生かしたもの。工作に取り組むことで、何気なく使っていた道具の特性を改めて知り、見つめ直す機会にもなります。掲載されている工作を発展させて、さらなるアイディアが浮かぶこともあるかもしれません!
 長いお休みを活用し、ぜひ実践してみてくださいね。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

子供が学校から借りてきました。私も(母)一緒に読んだところあまりにおもしろく、学校でも人気がありなかなか借りれませんので購入しています。今では私の方が読書が楽しくていろんな本を読んでいます。銭天堂様様です。(11歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む