icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

非独立国40の旗も掲載! 歴史も学べる、国旗マニアによる図鑑『改訂2版 世界の国旗図鑑』

ニュースやスポーツなどの国際大会で目にすることの多い、世界の国旗。どこの国の国旗? どこにある国? どんな国? と知りたくなることはありませんか?
「国旗を正しく知ることは、世界を知る第一歩になる」と語るのは、日本旗章学協会会長の苅安望さん。小学生時代からの筋金入りの知識で、大充実の国旗図鑑を作り上げました。全独立国、IOC・IPC加盟地域の旗だけでなく、40もの非独立国の旗も加わった、国旗図鑑の改訂2版です。
 
 

地域別・50音順に、国旗を詳細に解説! その中身は?

 この図鑑では、アジア、ヨーロッパ、アフリカ……と地域を分け、地域内を50音順にならべて、国旗を紹介しています。197の全独立国の国旗と、13の国際オリンピック・パラリンピック委員会加盟地域の域旗、そして、同委員会に未加盟の固有の旗を有する、主な非独立国40の旗を加えた、全部で250の旗が取り上げられています。


 本物と同じ縦横比率で、大きく見やすく掲載された国旗の下にあるのは、国の場所を示した地図のほか、首都・面積・人口といった基本情報です。


 そして文章で丁寧に書かれているのは、その国の成り立ちと、国旗のいわれです。たとえば図鑑の最初に登場するこのアゼルバイジャン共和国では、3色の色や月・星があらわす意味はもちろんのこと、現在の国旗に至るまでの、7世紀ごろからの歴史が解説されています。

 左下に掲載されている小さめの国旗は、以前使用されていた国旗、「旧旗」。旧旗の上に添えられているのは、使われていた期間・当時の国名・縦横比率です。
 
 解説によると、アゼルバイジャン共和国は、19世紀にロシア領になり、その後一度独立したものの、1922年からソビエト連邦に加盟、ソ連崩壊後に再び独立し、以前の独立時に使われていた旗が復活したとのこと。そのため旧旗のデザインには、ソ連のマークが使われているのです。(ソ連のマークについては、「ロシア連邦」のページで詳しく解説されています)
 解説を読んで、この旧旗を見ることで、より国への理解が深まります。
 

非独立国40の旗も加わってパワーアップ!

 この国旗図鑑は、『世界の国旗図鑑』(2007年刊)、『改訂版 世界の国旗図鑑』(2016年刊)に続く改訂2版です。国のデータが最新のものになっているのはもちろん、非独立国40の旗が加わったのも大きなポイントです。
 

 著者の苅安望さんは、小学生時代から国旗の魅力にとりつかれている国旗マニア。国や地域の知識も筋金入りです。そんな苅安さんがセレクトした40の旗は、見たことのないようなデザイン、名前ばかり! もちろんここでも、地域の成り立ち・域旗のいわれが丁寧に解説され、ユニークなマークの由縁がわかります。

コラムも充実! 読んで楽しい、見て楽しい

 もうひとつ、苅安さんが手がけた図鑑ならではのポイントが、合間に挟まれるおもしろコラムです。「国旗に使われる色の大陸別の特徴」「日本の旗の形状変遷」「幕末の世界の国旗本を読む」などなど、タイトルだけでも気になるコラムが盛りだくさん。国旗をあらゆる角度から見る面白さに、思わず引き込まれてしまいます。


 国旗好きの方、これから覚えてみたい方、ぜひ『改訂2版 世界の国旗図鑑』をひらいて、旗の世界へ踏み込んでみてください。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

すごく上手に陽菜子の生活や気持ちなどがかかれていて、とてもおもしろい本でした。この本、好きです。(10歳)

pickup

new!新しい記事を読む