icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

山でも海でも、はては宇宙までも! あなたが「今ここで」食べたいものを届けます。『デリバリーぶた』

「こんなとき、こんなところで、こんなものが食べられたら、最高だなあ」と、妄想をふくらませたことってありませんか? 今回は、そんな食いしんぼうな妄想から生まれた絵本『デリバリーぶた』(加藤休ミ 作)をご紹介します。

どこへでも食べ物を届けてくれる、デリバリーぶた!

 デリバリーぶたは、どこへでも食べ物を届けてくれる配達ぶたです。あるとき、漁師がいいました。

 「まいにち たいりょう。とれたての さかなを たべるのが、おれの たのしみ。でも、きょうは やいた にくが たべたいな。ああ、この ひろい うみの うえで たべたいなぁ。」

 そのとき、空から声がしました。「デリバリーぶた! おまちどおさま~」

 配達ぶたが自転車にのって届けてくれたのは、焼きたての焼き鳥と、おまけのつくね。海の上で食べる焼き鳥は格別です。大満足した漁師はお礼に、釣った魚をわけてあげました。

 あるとき、登山家が世界で一番高い山に登りました。

 「やったぞ! ここが てっぺんだ。でも、さむいよー。ああ、いま あたたかいものが たべたいよー。」

 そのとき、下から声がしました。「デリバリーぶた! おまちどおさま~」

 醤油と味噌と、塩ラーメン! 熱々のラーメンを食べたら、みんなそろって力がわいてきました。登山家はお礼に、あっという間に山をおりられるパラシュートをあげました。

作者の妄想から生まれた絵本

 この絵本は、作者・加藤休ミさんが「世界一高い山のてっぺんでは絶対に食べられないけど、食べたら絶対においしいものって、なんだろう?」とふと考え、「熱々のラーメン!」と思いついたところから生まれました。

 雪山を何日もかけて登り切った瞬間のすがすがしい気持ちや、身体にのしかかる大変な疲労感を想像してみてください。そこに湯気がもうもうとたった、熱々のラーメンが一杯あったなら、どんなにうれしく、どんなに胃にしみわたるでしょうか! 

 デリバリーぶたは、「ああ、今ここであれが食べたい……!」という人々のもとに、食べ物を届けます。届ける先は、山でも海でも、はては宇宙までも! 「こんなとき、こんなところで、こんなものが食べられたら、最高だなあ」という食いしんぼうな妄想をはたらかせながら、ぜひ読んでみてください。

 ちなみに、加藤休ミさんの絵は、実はすべてクレヨンとクレパスで描かれているんです。独自の手法で描かれたリアルな食べ物の絵の数々が、読者の食欲を大いにそそりますよ!

 

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

35年ぶりくらいにノンタンに再会できました。ノンタンが元気そうで良かった。今も昔もずっと子供たちと共にあって本当に良かった…。寝転んで読み聞かせても重くなく、色合いや文章も優しくて娘もすぐとりこになりました。(2歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む