icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

編集部だより

この台湾版絵本がすごい! 2019

 こんにちは! 編集部の秋重です。前にも書いたことがあるのですが(ベトナムの本屋さんに行ってみました!)、日本の絵本はアジアを中心に各国で翻訳出版されています。見慣れた絵本がなんとなく外国風の装いであらわれて、見本をいただくたびに「わあ、素敵!」となります。が! このたび「わあ、素敵!」どころではなく「うわあ、やばい!」レベルのものが届きましたので、おしらせしたいのです!
 
 その絵本とは、『しょうてんがいくん』の台湾版(中国語繁体字版)です。作者は大串ゆうじさん(@yujiokushi)。
 この『しょうてんがいくん』、たくさんのお店がくっついて商店街になっている大きなロボット「しょうてんがいくん」が主人公です。しょうてんがいくんは、商店街なので、たくさんの看板がついていて、もちろんそれは日本語なわけです。しかもほとんど手書きの文字です。台湾の出版社と契約したときは、絵の中にこんなに日本語あるのにどうするんだろう? まあ、そのままでもいいのかなー、でもちょっとくらいは中国語にしてくれるかな?とかぼんやりと思っていました。
 
『しょうてんがいくん』日本語版の表紙

これが日本語版『しょうてんがいくん』です。かわいい

 
 しかし、その期待は(いい意味で)裏切られることになったのでした。ある日、台湾版は「もちろん、やりますとも、言われずとも」という堂々としたたたずまいで、我々のもとにとどいたのでした。日本語だらけの看板が、余すところなくぜんぶ中国語(繁体字)になっています!!
 
日本語版と台湾版の表紙
 
 この表紙だけで、完璧じゃないですか!という感じです。タイトルもなんかかっこいい。好多多商店超人、google翻訳によると「a lot of shops superman」とのことです。日本の「しょうてんがいくん」より強そうです。
 中身ももちろん徹底されていまして、とくにこれは…やばい…と思ったところをご紹介します。
 

もちろん全体像としてやばい

 ほんとうに細かいところまで翻訳・置きかえてくれています…!

日本の「しょうてんがいくん」全体象

こちら、日本の「しょうてんがいくん」全体像

台湾の「好多多商店超人」全体像

こちら、台湾の「好多多商店超人」全体像

モノレールくんのないぶ

モノレールくんのないぶ、というところの拡大

これくらいはお茶のこさいさい、という感じです。「極機密資訊!」

しょうてんがいくんの口元のあたり

日本版(右)の「マンボウ」という看板のグラデーションが再現されているのとか、ぐっときませんか…。訳も微妙に変えてあるっぽい

しょうてんがいくんの右肩のあたり

ここは、「キッチン富士」の下の「コスモス」がおすすめです。それと、郵便ポストのわきの貼り紙!

 台湾の出版社の方々の熱意がガンガン伝わってきて、感極まってきそうです。見ているうちに気分がもりあがり、ありがとう!好多多商店超人!となったところで絵本が終わりました。日本版を翻訳したものなので、内容は同じはずですが、やっぱりちょっとちがう「しょうてんがいくん」になってました。機会がありましたら、くらべてみてくださいー。

海を越えてめぐりあったふたりの超人

『好多多商店超人』の詳細はこちらをどうぞ。小天下、という出版社から出ています。→博客来『好多多商店超人』

日本語版の『しょうてんがいくん』もぜひ!

(編集部 秋重)

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

姪の子供から借りて読み始めたらおもしろくって、もうすぐ70歳の私もすっかりはまってしまいました。我が孫たちに読ませようとさっそく全巻購入しました。春に他県から越してくる孫たちと共通の話題で盛り上がりそうです。ババ仲間にも口コミしています。ちなみに紅子さんは渡辺直美さんをイメージしてしまいます。(読者の方より)

pickup

new!新しい記事を読む