icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

五味太郎は「春」をこう描く!『仔牛の春』

桜、入園入学、友だち、新緑……春をむかえるよろこびを描いた絵本は数多くあります。いつもユニークな絵本で楽しませてくれる、五味太郎さんが春を描いたら? 一頭の仔牛の場面から始まる1冊。ページをめくると意外な展開におどろきながらも、いつのまにかこの世界のとりこになってしまいます。絵本だからこそ表現できる世界観をおたのしみください。

仔牛の黒い模様から草が芽吹く?

 表紙をひらくとあらわれたのは、かわいらしい真っ白な仔牛。

 「春がきます」

 そばでは黄色い蝶々もとんでいて、明るい春のおとずれを感じさせます。

 ページをめくると…

 「雪がとけます」

 添えられたこの一言で、仔牛の背中にできた黒い模様が、まるで雪解けであらわれた土のようにもみえてきました。そうして、ページをめくっていくと……

 「草が芽をふきます」

 なんと、その土のようにみえていた模様のところに、草が生えてきました…!

 こうして仔牛の黒い模様は、いつのまにか土となり、そこに花が咲き……やがて、梅雨の季節は風が吹き、嵐をむかえ、秋はしずかにすすきがゆれ、冬は雪がしんしんとふりつもります。

 そしてその寒い冬のあと、ふたたび春がやってくるのです。

1年の季節のめぐりをとおして春を感じる絵本

 絵本をとおして、見開きの絵に添えられているのは、とてもみじかい一言です。

 けれどもこの一言で、読者を想像力の世界へいざない、風や雨の音、土の香り、つめたい風や雪のふる日のしずけさをを感じることができます。

 春にはじまり、春でおわる、明るい季節のおとずれを祝う1冊です。さて、つぎの春をむかえた仔牛は、どんなふうに成長したのでしょうか? 答えはぜひ絵本を手にとってみてください。

 五味太郎さんの自由な発想力をあじわいながら、読みたい絵本です。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

息子9歳は自閉症です。幼い頃からノンタンが大好きな男の子です。ノンタンのシリーズを色々見てケラケラと笑っています。特に「スプーンたんたんたん」はお気に入りでボロボロになりページもバラバラになってしまいました。今回2冊目を買いました。ボロボロになった1冊目と並べてみています。(9歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む