icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

「ピタゴラスイッチ」の制作者コンビによるゆかいな絵本!『もぐらバス』

あたたかい春の日。とある家の犬が、ときどき地面にむかってほえています。なぜかって? それは……地面の下を、バスがはしっているから! もぐらの建設会社がほった、ぐねぐねのトンネルをはしる「もぐらバス」。地面の下には、どんな世界が広がっているのでしょうか? 人気番組「ピタゴラスイッチ」の制作者コンビによる、ゆかいな絵本をご紹介します。

 
「つぎは ものおきのした ちょうめ」地面の下をはしる、もぐらバス!

 ある平凡な町。実はその地面の下には、別の町がありました! そこには、もぐらの建設会社がほった、ちいさなトンネルがはりめぐらされています。


 もぐらバスは、トンネルをいったりきたりして、ねずみ、すずめ、とかげ、かめ、かえるなどの乗客を乗せてはしります。
 
 「つぎは ものおきのした ちょうめ ものおきのした ちょうめ ていしゃします」
 もぐらの運転手の声でバスがとまり、いえねずみのおくさんが乗ってきました。料金は、1回1円です。


もぐらバス、急ブレーキ! 道路のまんなかにあったのは?

 「だれかんちのにわ ちょうめ」「ひょうたんいけと、ユニークな名前のバス停をめぐっていくもぐらバス。ところが、キキキーッ!! 突然、急ブレーキで止まりました。一体どうしたのでしょうか!?
 
 もぐらの運転手がおりてみると……なんと、大きなたけのこが顔を出していました!
 
「これは これは たいへんだ!
あさ とおったときには なかったのだが」
 
 たけのこは、あっという間に大きくなりますからね。

 さて、急いで道をあけなくてはいけません。無線連絡でやってきた、もぐら建設の「あなほりがかり」が、せっせと穴をほります。
 
 事情をきいた乗客は、
「たけのこじゃ しかたない」
「たけのこじゃ しかたない」
と、のんびり車内で待つことにしました。
 
 さあ、どうやらとっても大きそうなたけのこ、無事にほりおこせるでしょうか?
 

著者の人は、「ピタゴラスイッチ」の制作者コンビ!

 著者の佐藤雅彦さん(原案)、うちのますみさん(文・絵)は、人気番組「ピタゴラスイッチ」の制作者コンビ。ユニークな設定やお話が、番組をほうふつとさせます。そして、のんびりやさしい、地面の下の住人たちには、大人も思わずにっこり! いそがしい毎日をおくる私たちも、「たけのこじゃ しかたない」の気持ちを持って、おだやかに春を過ごしたいですね。
 

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

私自身赤ちゃんの頃にこの本を見て大喜びしていたと両親から聞き今回手に取りました。大満足だったようで、終始にこにこして絵に注目しながら見ていました。自分の好きな絵本を子どもに読みきかせることが出来良かったです。(0歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む