icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

花にまつわる、5つのやさしい物語。『ちいさな はなの ものがたり』

わたしたちの目を楽しませてくれる花。花にはそれぞれ「花言葉」があります。花言葉を知ると、別の視点からも花を楽しめますね。今回ご紹介する『ちいさな はなの ものがたり』(斉藤 洋 作/浅倉田美子 絵)は、5つの花についての物語が収録された童話集。花への愛情がわく、やさしい一冊です。
 
 

あなたの心にやさしく届く、5つの花の物語

 この本に収録されているのは、こんな物語です。
 
「スズランの ひびき」
「こじまの タンポポ」
「アポロンの あかい バラ」
「しろつめくさの はなかんむり」
「りゅうぐうの ハイビスカス」
 
 ここではサブタイトルにもなっている、「しろつめくさの はなかんむり」のお話をご紹介しましょう。
 

 とある村に、若者と娘が暮らしていました。あるとき、村をでて町で働くことになった若者のために、娘は草原で摘んだしろつめくさで花かんむりを編み、「わたしを わすれないで。」といって、若者に渡しました。

 若者は花かんむりを持って旅立ち、3年間町で働きます。その間、娘にもらった花かんむりを部屋に飾っていましたが、ふしぎなことにその花かんむりは、いつまでたってもみずみずしいままでした。
 
 そして4年目に入った日、若者は2つのものを持って、村へ帰りました。あの花かんむりと、もうひとつは……。
 
 お話の最後には、しろつめくさの花言葉が添えられています。
 
しろつめくさの はなことば
やくそく
しろつめくさの よつばの はを みつけると、しあわせに なるといわれています。

 このように、花にまつわる物語と、最後にはその花の花言葉が、全部で5つ収録されています。

斉藤洋さんによる、ファンタジックであたたかなストーリー

 作者の斉藤洋さんは、『ルドルフとイッパイアッテナ』「白狐魔記」シリーズなど、数多くの児童文学を手がけています。読み応えのある長編や、歴史ものが多いイメージがあるかもしれませんが、この本はすべてひらがなで、やさしい言葉を使ってつづられており、絵本の次によむ幼年童話として楽しめます。

 浅倉田美子さんが色鉛筆で描いた、淡くやわらかい挿絵もぴったり。わたしたちを、夢みるようにお話の世界に連れていってくれます。
 
 あたたかな季節のはじまりに、花の物語を楽しんでみませんか?

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

政権争いも本格的に起こり、大人でも読んでいてドキドキしました。また早く続編が読みたいです。小森さんの小説に出てくる女性は強く魅力的な人が多いですが、今回のサンドラは少し人間味を強く感じ、そこも魅力的でした。また風景が目の前に広がるような描写がとても好きです。(40代)

pickup

new!新しい記事を読む