icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

のりもの絵本の定番! 始発から終点まで走るバスの日常を描く『ピン・ポン・バス』

パトカーやごみ収集車、飛行機など、子どもたちの大好きな、のりもの。とくに、身近で目にすることの多いバスは、人気ののりもののひとつですね。
きょうご紹介する『ピン・ポン・バス』(竹下文子 作/鈴木まもる 絵)は、そんなバスの始発から終点までを描く、ほのぼののりもの絵本です。

「はっしゃします」バスはにぎやかな駅前を出発!

 お話は、バスが発車するところからはじまります。百貨店や飲食店でにぎわう、駅前のバス停。つぎつぎにたくさんの人がのりこみます。

 にぎやかな道を走っていくバス。スーパーの前、病院の前……「ピンポン」とボタンの音がなるたび、バスはとまります。学校の前のバス停からは、子どもたちがのってきて、バスの中はにぎやかに。病院の前では、けがをした人がのってきて、運転手さんはいつも、はやく元気になるといいな、と考えます。

こんなこと、あるある! 道中のこまかな描写もみどころ。

 バスが走っているあいだには、さまざまなことがあります。
 「まってくださーい!」とあわてて走ってきたお客さんを、ドアをもう一度開けてのせてあげたり。
 お年寄りの方がのるときは、「足元に気をつけて」と声をかけたり。

 いつも手をふってくれる子どもがいる家の前は、すこしスピードを落として通ったりもします。

仲間のバスとすれちがうときは、手をあげて、ちょっとあいさつ。


 こんな場面、見たことあるなあ、という場面も、丁寧に描かれています。また、道ゆく人や工事の車など、まわりの人や車を見る楽しみもあります。

ほかにも人気の車がたくさん。合わせて読むとより楽しめる

 この『ピン・ポン・バス』と同じ竹下文子さん・鈴木まもるさんコンビののりもの絵本シリーズは、他にもたくさん! 夏に読みたい、同じくバスが主役のうみへいくピン・ポン・バス』のほか、消防車、パトカー、ショベルカー、ごみ収集車、救急車など、人気の車が活躍する絵本がそろっています。合わせて読んでみると、同じ車があちこちで見つかるなど、こまかいしかけも! お話はもちろん、絵もじっくり見て楽しんでくださいね。

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

保育園で楽しそうにこちらの絵本を見ているときいたので購入しました。今では1ばんのお気に入りの絵本です。歌いながら読み聞かせすると"お腹がペコペコ"とジェスチャーしたり、てをパタパタと蝶のまねをしたり、親子で楽しい時間を過ごしています。土曜日の食べ物がずらりと並ぶところは大興奮です。素敵な絵本をありがとうございます。(1歳・ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む