icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

うしが主人公! エッツの名作ロングセラー『モーモーまきばのおきゃくさま』

2021年は丑年です! うしが出てくる偕成社の絵本といえば、『もりのなか』(福音館書店刊)などで知られるマリー・ホール=エッツの、『モーモーまきばのおきゃくさま』(やまのうちきよこ 訳)です。うしは、おいしい草をごちそうしようと、春の牧場にどうぶつたちを招待するのですが……?


どうぶつたちを牧場に招待! 楽しくあそぶものの……

 春、モーモーまきばで草をたべていたうしは、あまりにおいしくて、こんなふうに思います。
「なんて おいしい くさ なんでしょう。きれいな きんぽうげも さいてるし…… だれかに ごちそう してあげたいわ。」
 
 さっそく、まきばに、馬、やぎ、犬、ねこ、ぶた、ひつじなど、どうぶつたちがやってきました。みんなは、うたったり、輪になっておどったり、おにっごっこをしたりと楽しみます。
 
 
 ひとしきりあそんだあと、うしは、いよいよ草をごちそうしようと、こういいました。
「では、おしょくじに いたしましょう。さあ さあ、どうぞ ごえんりょなく。こんなに たくさん ありますから。」
 ところが、どうぶつたちはちっともよろこびません! 犬は骨を、ねこは魚の頭を、ぶたは残りごはんを、と、みんなちがったごちそうを期待していたからです。がっかりしたどうぶつたちは、次々に帰っていってしまいました。
 
 悲しい気持ちになるうしですが、まだまきばには、のこっているどうぶつもいました。馬と、やぎと、ひつじです。草がだいすきな馬たちは、うしと一緒にごちそうを食べはじめ……春がおわり、夏になって、夏がおわるまで、ずっと「モーモーまきばのおきゃくさま」になってくれたのでした。
 
 

好きなものがちがうこともある。でも、分かちあえたときのうれしさは格別!

 この本の主人公であるうしは、やさしい心の持ち主です。自分の好きなものをみんなにも分けてあげたい、という気持ちでみんなをさそい、楽しく過ごしますが、食事の段になって、みんなが同じものを好きなわけではない、ということを知り、悲しい気持ちになってしまいます。でも、そのおかげで、同じ食べものを好む仲間に出会うこともできました。
 
 まきばでのできごとを通して、いろんな好みがあること、仲間が見つかるうれしさを、しぜんに教えてくれる一冊。新しい年にも、そんなうれしい出会いが待っていますように!
 

 

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

白狐魔記シリーズは歴史の苦手な私でもとても面白く、あっという間に読んでしまいます。このシリーズがずっと続くといいな、と思います。誠実な狐にとても好感が持てます。偕成社さんは子供に本当に必要な本を頑張って出して下さっていて感謝です。児童文学がすたれてしまわないように祈ります。児童文学は貴重な財産です。(14歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む