icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

はじめての絵本にも! リズミカルな擬音が赤ちゃんの心をくすぐる「ちいさなやさいえほん」シリーズ

かわいい野菜たちとたのしい擬音がたくさん出てきて、赤ちゃんもにっこり! ひろかわさえこさんの「ちいさなやさいえほん」シリーズ3作品をご紹介します。

ぷちとまとちゃん

 「ぽろ ぽろ ぽろろん」と落ちてきたぷちとまとちゃん。冷たい水のなかで「ちゃぷ ちゃぷ」して、「きゅっ きゅっ」とからだをみがいて……。

「しゅわ しゅわ しゅわわーん」と、つめたいシャワーを浴びてさっぱり。ぴっかぴかになったぷちとまとちゃんが、向かった先は……?

レタスときゅうりのあいだにちょこんとおさまって、おいしいサラダのできあがり!

じゃがいもちゃん

 ごつごつずっしりとした、じゃがいもちゃん。「ごろん ごろん」と重そうな音を立ててころがり、なかまのじゃがいもと「ごっつん こっこ」! 「ごし ごし ごし」と泥だらけのからだをこすって、「とぷん」といざ、鍋のなかへ!

おまめちゃん

 「ころ ころ ころ」「ぱら ぱら ぱら」「ざららん ざららん」と、ちいさなおまめたちが集まってきました! ゆだった鍋のなかを、「ゆらゆら ぽこん」「ゆらゆら ぷくん」とうかんで、できたのは……?

はじめての絵本にも

 野菜たちが主人公の、ちいさな絵本シリーズ。下ごしらえを経て、食卓に並ぶまでが描かれます。

 登場するたくさんの擬音は、声にだして読んで楽しいのはもちろんのこと、それぞれの野菜の手触りや重さなどがよく伝わってきて、いっそう野菜たちの愛らしさを増してくれます。水彩で描かれた、やわらかく、野菜たちの表情豊かな絵も魅力です。

 また、手のひらサイズのボードブックは、バッグにしのばせておくと、おでかけ中にも楽しめて便利です。

 わかりやすいストーリーと耳ごごちのよい擬音が、赤ちゃんの心をくすぐる、ファーストブックとしてもおすすめのシリーズです。

 *同じ作者の「ちいさなくだものえほん」シリーズもあります。合わせてお楽しみください。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

おもしろかったし楽しかったし うーぱーるーぱーとおたまじゃくしとかたつむりがとてもかわいかった。(5歳)

pickup

new!新しい記事を読む