icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

おふとんには、子どもにしか見えないひみつがある! 絵本『おふとんのくにのこびとたち』

体調を崩して一日寝ていなくてはいけない日は、つまらないですね。でももしおふとんにひみつがあったとしたらどうでしょう? 今回ご紹介する『おふとんのくにのこびとたち』(越智典子 作/出久根 育 絵)では、ひさこちゃんのおふとんの上で、驚くべきことが起こります!

おふとんの上に現れたのは、ふしぎな言葉をしゃべる小人たち!

 ある日、ひさこちゃんは熱をだしてしまいました。
「あらあ、ひさこちゃん、おねつがあるわ。きょうは おとなしく ねていましょうね。」
お母さんはひさこちゃんにおふとんをかけて、部屋をでていきます。
 
 寝ていないといけないなんて、つまらないですよね。ひさこちゃんはおふとんの中で、もぞもぞ。すると、おふとんが山の形になりました。
「あ、おやまが できた。もっと おやまを つくっちゃおう。」
ひさこちゃんがおふとんの山をつくると……おやおや? 「ヨホレイホーー」「ヨホレイホーー」、どこかから声がきこえてきました。そして、おふとんの山は、いつのまにか雪山になり、小人たちがすべりおりてきたのです!

ひさこちゃんに気づいた小人たちがしたことは?

 気づけば雪山の手前には、小人たちが住む村がひろがっていました。
「オットー アホイ チョッテッコー」「トチャガメラ」
 ふしぎな言葉をしゃべる小人たちは、屋根の雪おろしをしたり、たき火をたいたりと、おふとんの上で動きまわります。
 そして、大きなテーブルにごちそうをならべ、「アラリヤナー」「アラリヤナー」とパーティーまで始めたではありませんか! ひさこちゃんは思わず、「うふふっ」と笑ってしまいました。
 
 すると、その鼻息で雪が舞い、小人たちは雪まみれ。驚いた小人たちは上を見上げ……ひさこちゃんに気がつきました!「レマア!」


 ひさこちゃんの存在に驚く小人たち。すると、何やら話し合ったすえ、数人の小人が歩きだしました。なんとおふとんの山を降り、ひさこちゃんの髪をたどって、おでこの上にあがってきたのです!
 
 驚きつつ、じっとして小人たちの次の行動を待つひさこちゃん。さて、彼らはいったい何をするのでしょうか?
 

文字がほとんどない、絵で読む絵本

 この絵本は、最初と最後のお母さんのせりふ、ときたま入るひさこちゃんのひとりごとのほかには、ほとんど文字がありません。でも、小人たちのひそやかかつ楽しげなようすは、絵からひしひしと伝わってきます。後半、村じゅう小人たちが総出でひさこちゃんにあるものをつくるシーンも、絵だけでたくさんのことが語られます。
 
 絵を描かれたのは出久根育さん。画家として広く活躍され、『十二の月たち』『マーシャと白い鳥』など、数多くの絵本を手がけています。
 
 もしかしたら、あなたのおうちのおふとんにも、小人たちの国があるかもしれません。今夜はひみつの国に思いを馳せながら、おふとんにもぐってみてください。


この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

「ウサギ」という動物の可愛い一面だけでなく、自然の中で生きるウサギの生態に、娘たちも驚きと知らなかったことが発見できた喜びを抱くことができたようです。イラストも大変きれいで、絵を描くことが大好きな娘たちにとっても、心に残る作品となりました。(5歳・お父さまより)

pickup

new!新しい記事を読む