icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

「こんな生きものつかまえた!」でも、飼いかたが分からない……。そんな時にピッタリ! 自由研究にも使える『海の生きもの つかまえたらどうする?』

夏は外遊びが楽しい季節。家族で水辺に出かける機会もありますよね。そんなとき、子どもたちが好きなのが、生きものを見つけること、そしてつかまえること!
その瞬間は、「みて! こんなのつかまえたよ!」と嬉しい気持ちになりますが、はたしてどうやって持って帰り、どうやって飼ったらいいのか、わからなくて困ってしまう……ということも多いもの。

きょうはそんな場面で大活躍する『海の生きもの つかまえたらどうする?』(杉本 幹 文/松橋利光 写真/こばようこ 絵)をご紹介します。

こんな場所で、こんな生きものみつけた! さまざまな水辺の環境と、そこにいる生きものを紹介

 海の生きものをつかまえてみたい! でも、どんな場所にいるんだろう? まずは、それを知ることからスタートします。


 ひとくちに「岩場」といっても、生きものがいる場所は、海の近くの岩の下、すき間、はたまた海から少し離れた陸の岩と、さまざまです。それぞれの生きものがよくいる場所や探しかたを、イラストで図解しています。
 実際の取材でみつけた生きものは、右側に写真つきで紹介。飼いやすさを星3つでわかりやすく示しています。

さあ、つかまえた! どうやって持って帰って、どうやって飼う? 飼いきれなくなったときの放しかたもひと目でわかる!

 次はいよいよ、生きもののつかまえかたと、「つかまえたらどうする?」です。


 家へつれて帰る方法、その後の飼いかたなどを、生きものごとに写真で詳しく紹介。水を入れ替える頻度や、ケースに入れるものなどが具体的に書いてあります。これをみて準備しておけば、つかまえた後も安心です!
 
 そしてもうひとつ、この本の大きな特徴が、「飼いきれなくなったらどうするの?」という疑問にもこたえていること。持ち帰った場所に返すのが一番ですが、その際の運びかたなども書いてあるので、最後まで生きものを大切にする意識が身につきます。
 
 あとがきの「おとなのかたへ」というコーナーで、著者の杉本幹さんと松橋利光さんは、こんな風に述べています。
 
子どもたちが「自分でつかまえた生きものを飼いたい!」と思う心を、どうぞたいせつにしてください。
自然の中で出会った生きものをつかまえて、飼育することで、その生きものがくらす環境というものにも目が向くでしょう。さらに、飼育のたいへんさも、命のたいせつさも肌で感じて「責任」が芽生えるのではないかと、そういったことを願って、この企画は生まれました。
 

 生きものにじっくり向き合い、観察し、考える。夏の自由研究にもおすすめの題材です。ぜひ手にとってみてくださいね。

自然でつかまえる生きものだけでなく、ペットショップで買う生きものの飼いかたも登場します! 生きもの本来の環境を再現して飼うのにぴったりです。


★庭や公園など、より身近な場所でみつかる生きもののつかまえかた、飼いかたを紹介した生きものつかまえたらどうする?』(秋山幸也 文/松橋利光 写真/こばようこ 絵)も好評発売中です! ダンゴムシやバッタなどの昆虫、トカゲやカエルも登場します。

 

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

保育園で楽しそうにこちらの絵本を見ているときいたので購入しました。今では1ばんのお気に入りの絵本です。歌いながら読み聞かせすると"お腹がペコペコ"とジェスチャーしたり、てをパタパタと蝶のまねをしたり、親子で楽しい時間を過ごしています。土曜日の食べ物がずらりと並ぶところは大興奮です。素敵な絵本をありがとうございます。(1歳・ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む