icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

ボールのせいで、家中がめちゃくちゃに!『めいわくなボール』

えんとつから家の中にとびこんだのは、だれかが打ち上げたホームランボール。家主の迷惑もかんがえず、あっちこっちへとび跳ねて……。『おうさまのおひっこし』、『どろぼうのどろぼん』(斉藤倫 作)などを手がける現代美術作家、牡丹靖佳さんの絵本『めいわくなボール』をご紹介します。

これでもか!とあばれ回るホームランボール

 あつくもなくて、さむくもない、そんなある日の午後のこと。少年たちが打ち上げたホームランボールが、すぽりととある家のレンガのえんとつにとびこみました。

 ダダーンとだんろからとびでたボールは、灰をあたりにまきちらし、壁にかかっている額を次々とおとし、なべぶたをジャーンと響かせて、家中を散らかしながら、あちこちとび跳ねていきます。

 さんざん家の中をひっかき回したあと、ようやく窓から出ていったと安心したのも束の間……。最後の最後まで、ボールの迷惑のかけっぷりはおみごと!

 タイトルに引けをとらず、「これでもか!」とばかりにあばれ回るボールの、そのあまりの理不尽さには、ついつい笑ってしまう魅力があります。

うつくしいインテリアにうっとり

 本作は、作者の牡丹靖佳さんならではの絵がなんといっても魅力です。リビング、キッチン、子ども部屋、書斎……とボールが一軒家をひと部屋ずつめぐっていくのですが、それぞれの部屋のしつらえに、きっとうっとりすることでしょう。

 うつくしい模様の壁紙や、凝った絵付けの花瓶、タッセルのついたクッション、古めかしいレコードプレーヤーや地球儀など、瀟洒しょうしゃな洋館に迷い込んだようなインテリアを存分に楽しめます。

 また、作者が「お母さんが子供に読んであげるときにも、いい間合いで読んでもらいたいとか、考えることはたくさんあった」※というように、なじみ深い七五調のリズムで、聞いても声に出しても心地よい文章がつづられています。

 ひとりで読んでも、読んでもらっても楽しい一冊です。

※くわしくは、刊行当時のトークイベントのレポートをご覧ください。
『めいわくなボール』制作秘話! 牡丹靖佳さん×担当編集者

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

おもしろかったし楽しかったし うーぱーるーぱーとおたまじゃくしとかたつむりがとてもかわいかった。(5歳)

pickup

new!新しい記事を読む