icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

「ともだちや」はどうやって始まった? 「おれたち、ともだち!」シリーズ最新刊、『さよなら ともだち』

ちょっと気弱な心やさしいキツネと、見た目は怖いけど本当は情にあついオオカミ。キツネが思いついたおかしな商売、1時間100円で友だちになる「ともだちや」で出会ったふたりは、今ではほんもののともだちです。そんな1作目の『ともだちや』から始まった「おれたち、ともだち!」シリーズ(内田麟太郎 作/降矢なな 絵)。きょうはその最新刊、13巻目の『さよなら ともだち』をご紹介します!

この写真のヘルメットは、1作目『ともだちや』でキツネがかぶっていたのを再現したものです!

キツネが語りはじめた、むかしの話

 ある夜、仲良しのキツネとオオカミは、ふたりで縁側に並んですわっていました。オオカミはあることをキツネに聞きたいと思っているのですが、うまく尋ねられません。
 それは「キツネ、おまえも さびしかったか」ということ。キツネと出会ってともだちになるまで、オオカミはさびしい気持ちでいたからです。
 すると、ちょうどキツネが自分から話し始めました。「ぼく、キツネやまに いたんだよ」。

キツネやまを出てから「ともだちや」を思いつくまで。キツネの過去が明かされる

 キツネがいたキツネやまは、どんなところだったか。どうしてやまを出てきたのか。この森にきたとき、どんな風にさびしかったか……。むかしのことを話すキツネに、オオカミは自分を重ねました。オオカミも、オオカミやまをおりてきていたのです。
 
 さびしかったキツネは、1時間100円でともだちになる「ともだちや」を思いつき、さびしさをふき飛ばすように、大声で歩きはじめたのでした。「えー、ともだちやです。ともだちはいりませんか。さびしい ひとは いませんか」。そしてふたりは出会いました。
 
 
 今ではなつかしい思い出です。オオカミも、この森でひとりさびしく暮らしていたところに、キツネの声を聞いたときのことを思い出しました。

さよならは、であいのはじまり

 出会ったときのことを、あらためて思い出したふたり。もう真夜中だというのに、なんだかうれしくて、森に出かけていき、大声でうたいました。

さよならは であいの はじまり
 さびしさは であいの はじまり
 かわが うみに であったように
 オオカミが キツネに であったように
 オオ! カミさま!
 オオ! カミさま!♪


 これまでのシリーズ各巻で、やきもちをやいたりけんかをしたりと、悩んでぶつかってきたふたり。その強い絆が、改めて描かれた最新刊です。キツネの思い出シーンも印象的。ほかの12冊も、どれを読んでも楽しめます。ぜひ一緒に読んでみてくださいね。
 

この記事にでてきた本

 

バックナンバー

今日の1さつ

2年生になり、漢字の覚えが悪いのと、字が汚いので、そのどちらも補えそうな本書を購入してみました。春休みは、宿題が少ないので、毎日やらせるのにちょうど良い分量で、とても良かったです。最初になぞって書くようになっているので、字もきれいになっている気がします。(読者の方より)

pickup

new!新しい記事を読む