icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

ドイツ児童文学賞を受賞! 岩佐めぐみ作『ぼくはアフリカにすむキリンといいます』

2018年秋、ドイツ児童文学賞の児童書部門を受賞した、『ぼくはアフリカにすむキリンといいます』(岩佐めぐみ 作/高畠 純 絵)。この賞をとった本は、ドイツ中の子どもたちが読むくらい、広く親しまれるそうです。きょうは、そんな大きな賞を受賞したこの作品をご紹介します!

たいくつなキリンは、手紙を書くことを思いつく

 アフリカの草原にすむ、1頭のキリン。青い空にやさしい風、大好きなアカシアは食べ放題と、言うことなしの環境でくらしています。
 でも、キリンはたいくつしていました。それは、友だちがいないから。キリンは、とびっきりの友だちがほしいな、と思っていました。
 
 そんなある日、キリンはふと「手紙を書いてみようかな。」と思いたちます。キリンと同じようにたいくつしていたペリカンがぶら下げた、「郵便配達はじめました」というポスターを見たからです。
 手紙を書いたら、ぼくも、配達するペリカンも、ちょっとたいくつじゃなくなるな。キリンは思いきって手紙を書くことにしました。

手紙をたくして、返事を待って……たいくつな時間が、わくわくする時間に

 手紙になにを書くか考えながら、うきうきした気持ちで眠ったキリン。翌朝、書き上げた手紙をペリカンにあずけ、「地平線の向こうで、最初に会った動物に渡してほしい」と頼みます。返事ももらってくるようにお願いしました。さあ、ペリカンは手紙をだれにわたしてくれるのでしょうか? たいくつだった時間は、どきどきわくわくの待ちどおしい時間にかわりました。

まだかまだかと、いっしょうけんめい、遠くを見ていたので、キリンの首は3センチほどのびてしまいました。

 やがてペリカンがもどってきました! 手紙を読んで返事を書いたのは、クジラ岬にすむペンギンでした。
 それからキリンは、ペンギンと文通をはじめました。そして、ペンギンの「首がないかもしれない」「色はおおまかに白と黒」「くちばしがある」といった手紙を読んで、いったいどんな姿形をしているのか気になり、ペンギンをまねた格好をして、地平線の向こうの友だちに会いにいこうと考えます。

どこかのだれかに、思いをはせる。世界中で読まれている楽しいシリーズ!

 この本は、2001年に刊行され、今回ドイツ文学賞を受賞したドイツ語版は、2017年に出版されました(ドイツ語版の絵はドイツの画家さんが手がけています)。日本の本がドイツの賞を受賞するのは、とってもめずらしいそうです!
 ほかにも、韓国、 台湾、 ブラジル、 メキシコ、 中国、 ニュージーランド、 トルコで刊行されていて、これからロシア、 ギリシャ、 ルーマニア、 ベトナムでも出版される予定です。

こちらが、世界各国の翻訳版! 右下がドイツ語版です。

 このシリーズはほかにも、『わたしはクジラ岬にすむクジラといいます』、『オットッ島のせいちゃん、げんきですか?』、『おいらはコンブ林にすむプカプカといいます』があります。
 行ったことのない、見たことのない場所やそこに住む人に思いをはせる……そんなロマンのあるシリーズです。ぜひ読んでみてくださいね。
 

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

表紙の絵やとちゅうの絵がかわいいのでレンちゃんや高田さんの気分になれて本の中の世界にすいこまれるのでドキドキハラハラしておもしろかったです。(9歳)

pickup

new!新しい記事を読む