icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

とんでもない夏。100年ぶりとも、1000年ぶりとも思える暑さ!『なつはうみ』

今年の夏は、とんでもない暑さですね。数日なら「暑いね〜」とうちわをぱたぱたと仰いでしのげますが、こんなにも熱におおわれた日が続くと、出口が見えず、心もぐったりしてしまいます。今回紹介する絵本は、内田麟太郎さんと、村上康成さんのコンビによる『なつはうみ』。涼しげな表紙を開くと、そこに待っているのは、あまりの暑さにぐったりとした動物たち。ぜひ共感しながら読んでいただきたい、今年の暑い暑い夏にぴったりの1冊です。

とんでもない暑さの夏。動物たちもふらふら、からっから

 とんでもない なつでした。
 ひゃくねんぶりとも、
 せんねんぶりとも、
 おもえるような あつさです。

「くーっ。こんなに うだる なつが このよに あったのかよ。」
 
 汗をだらだらと流し、ツキノワグマはもう乾いてしまうのではないかしら……というくらいに、暑そうです。
 

 いえ、ツキノワグマだけではありません。そばにある岩も、アゲハチョウも、タヌキもキツネも、みんなじっとりと汗をかいています。そこでツキノワグマはさけびました。そう、やまじゅうにさけんだのです!

 「うみへ、いくぞー。」

ページを開いたら、ひんやり冷たい、海!

 こちらまで喉がかわいてきそうな、熱々のオレンジ色の場面から一転、ページをめくると、そこは最高に涼しく冷たい、海! 

 たっぷり涼んだツキノワグマたちは山へ帰ろうとしますが、おやおや、振り返ると山がいません。山はどこへいったのか? もしかして山も暑くて…!?

 読んでいるだけで、すっと海の冷たさが伝わり、涼やかな気持ちになる絵本。ぜひ、この夏お手にとってみてください!

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

丁寧な絵、楽しい内容、ストーリーも含めてバランスのとれた1冊だと思います。時々「ふ、ふ」と少し声に出してわらってしまいました。本当にステキな1冊! 次も楽しみです!(50代)

pickup

new!新しい記事を読む