icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

偕成社文庫100本ノック

第10回(プレイバック中!)

シュレミールと小さな潜水艦

『シュレミールと小さな潜水艦』斉藤 洋/作

 シュレミールは、白ねこです。そんなに、わかくありません。港町の酒場で、船乗りにイワシをもらったり、たまにはカニをもらったりして、気楽に暮らしています。でも、近ごろ町は、すこし変わりました。戦争がはじまったのです。

 そんなある日、シュレミールは、桟橋で半分しずんだクジラのような船を見つけます。好奇心からその船にとびうつってみると、船は沖にむかって進みはじめてしまいます。しかも、どんどんしずみます。あやうしシュレミール!

 間一髪、なぞの声にみちびかれて、シュレミールは船のなかに逃げこみますが、なかには、だれもいません。じつは、声の正体は、船自体。
 シュレミールが乗りこんだのは海軍攻撃型小型潜水艦U-5114アルムフロッサー、通称アルムでした。電子頭脳を搭載し、動物のことばをしゃべり、自分でものを考える最新鋭の潜水艦です。
 アルムは、戦闘中のできごとによって「ものを思う」ようになり、ある目的のために海軍から逃げだしたのです。

 こうして、シュレミールはアルムとともに、戦争の原因となった島へむかうことになります。

 シュレミールとアルムの軽妙なやりとり、移動用のカメ型、掃除用のカタツムリ型などふしぎなロボット、アルムを追いかける海軍司令部をはじめとする、戦争をする人間のおろかしさ、こっけいさなど、読みどころがたくさんある作品ですが、わたしがいちばんすきなのは、シュレミールがアルムをたしなめるシーンだったりします。
 自分を犠牲にして戦争を終わらせようとするアルムにたいし、シュレミールはこんなふうに話します。

「〜生きのころうと思っていれば、生きのこれるかもしれないじゃないか。(中略)それをはじめっから死ぬ気でいたんじゃ、チャンスがあっても生きのこれない。おれは戦争のことはよくわからない。でも、こいつは戦争じゃなくたって同じことだ。平和なときでもいっしょだぜ。」(本文より)

 シュレミールのような含蓄のあるおとなになりたいものですね。
 ねこと、潜水艦と、海がすきなひとは、ぜひ読んでみてください。

(編集部 佐川)

バックナンバー

今日の1さつ

2歳のときに出会い、まだ字が読めなかったときも、この本に出てくるフレーズを覚えてしまう程、大好きです。このシリーズの3冊は、何度も読んでいて、とても大切にしています。前・後・横から見られて、細部の説明もあり、実際に車が働く姿が思い浮かぶような気がして、親子で楽しい絵本です。(3歳・ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む