icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

ショートショートの扉

イラスト:アカツキウォーカー

気鋭の6人の作家がおくる、小学生からでも読みやすいショートショート作品の連載。思わずショートショートが書いてみたくなる!

更新日は水曜だよ

outline

スマートフィンガー

第12回(最終回)

スマートフィンガー

第12回(最終回)

スマートフィンガー

ぼくは、くやしくて仕方がなかった。夏休みの自由研究に、昆虫の標本箱を作ったのだ。自慢じゃないが、ぼくは昆虫採集には自信がある。カブトムシ、クワガタ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、アゲハチョウ、モンシロチョウ、オニヤンマ、シオカラトンボ、バッタ、カマキリ、キリギリスなどなど、この夏休み、いろんなところへ行って、いろんな虫を採集した

今日の1さつ

娘に読ませたくて、ホームズの本を探しておりました。現代マンガ風の挿絵のものもある中、こちらは当時の雰囲気が伝わる本格的な感じで、字も読みやすく、8才の子でもふりがながのっているおかげで、ちゃんと読めたようです。今まで児童文学文庫=岩波少年文庫と思っておりましたが、偕成社文庫のラインナップが気に入り、書店ではまず、こちらの棚をのぞいております。

pickup

new!新しい記事を読む