icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

Kaisei web

今日の1さつ

対象年齢が4歳〜と知らず、歯みがき嫌がるし、自分が幼い頃に読んでいた五味太郎さんの絵本という点から選んでしまい、“まだ、早かった?”と思ったのですが、わにさんとはいしゃさんが、お互いに怖がってるのが面白かったみたいです。何度も、繰り返し読むよう、せがまれます。(2歳・お母さまより)

NEWS:

2021.3.15 WEB連載「時間色のリリィ」(朱川湊人)が、書籍化されます!5月中旬発売です。

pickup

  • 本のイベント

    立川・PLAY!MUSEUM「みみをすますように 酒井駒子」展に行ってきました!

    2021年4月10日(土)〜7月4日(日)まで開催中の「みみをすますように 酒井駒子展」に行ってきました! 場所は東京・立川にある「PLAY!MUSEUM」。2020年6月にオープンしたばかりの、広々としたきれいな美術館です。 木の香りがた…

    スタッフ連載
  • 今週のおすすめ

    「ピタゴラスイッチ」の制作者コンビによるゆかいな絵本!『もぐらバス』

    あたたかい春の日。とある家の犬が、ときどき地面にむかってほえています。なぜかって? それは……地面の下を、バスがはしっているから! もぐらの建設会社がほった、ぐねぐねのトンネルをはしる「もぐらバス」。地面の下には、どんな世界が広がっているの…

    スタッフ連載
  • 今週のおすすめ

    1年生におすすめ!挿絵いっぱいの絵童話『うりぼうウリタ もりのがっこう』

    春から小学校に通うみなさん、どんな気持ちで春休みを過ごしたでしょうか。学校に行ったら国語の時間はあいうえおの学びから始まりますね。文字が読めるようになると、すこし厚い本も手に取ってみたくなるかもしれません。 そんなみなさんにおすすめしたいの…

    スタッフ連載
  • 〈書評〉『野原できみとピクニック』( 濱野京子 著)

    児童文学が「格差社会」に見出す希望は?(宮田航平:評)

    児童文学やYAのなかには、「荻上チキ・Session」(TBSラジオ)のコンセプトのように「知る→わかる→動かす」というような役割を果たそうとするものがある。たとえば、社会的にあまり認知されていない「ヤングケアラー」を描いた濱野京子『wit…

    書評

new!新しい記事を読む

new!新しい記事を読む