icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

Kaisei web

今日の1さつ

はじめに読んだ時は、木のレッドと動物が、おもしろい会話をしていて、楽しく読んでいました。でも、どんどんページをめくると「友達の作り方」や「強い友情」の言葉が書かれており、心に強く刻み込まれるものがありました。とても興味深い、物語でした。(11歳・お母さまより)

NEWS:

2020.03.10 【新連載】「放課後の読書クラブ」がスタートしました! 作家・小手鞠るいさんが、「読むこと」をテーマに語ります。

pickup

  • 放課後の読書クラブ第12回 旅行記を読む 後編

    長い旅の途上でグリズリーに会う

    写真家でもあり、冒険家でもあった星野道夫さんの文章を読んだことのある人は、多いのではないかと推察する。光村図書発行の国語の教科書「国語3」には、星野さんの著書『旅をする木』に収められている「アラスカとの出会い」が載っている。星野さんの撮影し…

    エッセイ
  • 今週のおすすめ

    常識をうたがってみた先にある、おもしろさ。五味太郎『まだまだ まだまだ』

    「ふつう」にとらわれずに、さまざまな驚きの視点を届けてくれる五味太郎さんの絵本。『まだまだ まだまだ』は、ちょっとはずれてしまう、いきすぎてしまう子どもたちをユーモアまじえて、明るくやさしくつつみこむ作品です。

    スタッフ連載
  • 今週のおすすめ

    “選ばれし者だけが読める本”をめぐるファンタジー『青の読み手』

    舞台はとある欧州を思わせる国。貧しく暮らす少年ノアは、怪しげな男爵から「修道院からある本を盗んでほしい」という依頼を受けます。しかしそれは、選ばれし者だけが読める魔導書〈サロモンの書〉でした───。「実に『物語』らしい『物語』」「ファンタジ…

    スタッフ連載
  • 放課後の読書クラブ第12回 旅行記を読む 前編

    ひじかけ椅子に乗って

    これまで、数えきれないほど多くの国へ旅をしてきたけれど、わたしはそれほど旅行が好きではない。どちらかと言えば、苦手な方である。それでも年に最低でも2度、海外旅行をする。

    エッセイ

new!新しい記事を読む

new!新しい記事を読む