icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

「ノンタン」最新刊は、うたって踊れる『ノンタンたいそう1・2・3』! 全国巡回の展覧会も開催!

1976年の刊行以来、多くの子どもたちに愛されている「ノンタン」シリーズ。いたずら好きで決していい子ではないけれど、いつでも元気いっぱい!のノンタンは、子どもたちの友だちのような存在として、絶大な人気をあつめています。

その「ノンタン」絵本に、2019年4月、新刊が登場しました! たのしい歌といっしょにおどれる、親子で楽しめる1冊です。

原案は『ノンタン・タータンあそび図鑑』。アニメーションも人気!

 新刊『ノンタンたいそう1・2・3』の原案となったのは、2003年に刊行した『ノンタン・タータンあそび図鑑にある人気のページ「ノンタンたいそう 1、2、3! はい!」。キヨノサチコさんによる歌詞とイラスト、たいそうのふりつけで構成されたこのページをもとに、絵本として再編集しています。


 実はこのページ、その前の2016年には、偕成社が販促用としてアニメーション化もしていました。当時、刊行40周年を記念に、子どもたちが大好きなノンタンの映像ができないか‥‥と考え、せっかくだったら子どもたちも一緒に参加できるものを!とたどりついたのが、こちらの「ノンタンたいそう」でした。
 
 それぞれのキャラクターのふりつけと歌詞は、キヨノサチコさんが書いたオリジナル。それをもとにアニメーションにし、曲と歌をつけて公開したところ、期待以上に人気の動画に! 書店ではこの動画に子どもたちが釘づけになっている姿も多くみられ、Youtubeの再生回数はいまでは600万回以上になっています。幼稚園・保育園の方から「運動会でおどりたい」というお問い合わせも多くいただきました。
 
 この人気をうけて、このたび『ノンタン・タータンあそび図鑑』からたいそうのページを独立させ、「ノンタンあそぼうよ」シリーズの新刊『ノンタンたいそう1・2・3』として刊行することになったのです。

いっしょに歌って踊れるノンタン絵本

 「ノンタンたいそう いち、に、さん! はい!」の、ノンタンの元気なかけ声ではじまるたいそう。

たったか たった ノンタン かけあし 
いち、に いち、に

 おなじみのたぬきさんや、くまさん、うさぎさんなど、キヨノサチコさんならではのリズミカルな歌詞とともに、楽しいたいそうがくりひろげられます。キヨノサチコさんは、晩年ハワイに住まわれていたこともあり、ぶたさんのダンスは、フラダンス!

 巻末には、アニメーション化のときに作曲した曲の楽譜もついていて、親子でノンタンたちと一緒にからだを動かしながらあそべる絵本になっています。現在も公開中のアニメーションとあわせて、お楽しみください。

刊行45周年 ノンタン絵本の世界展 「もっと!ノンタン みんなだいすき 」展が、2019年GWから全国巡回!

 2021年には刊行から45周年をむかえる「ノンタン」絵本。その記念の年にむけて、今年から3年間、全国を巡回する原画展「刊行45周年 ノンタン絵本の世界展 もっと!ノンタン みんなだいすき !」が開催されます。会場では、あかんべノンタンをほぼ全点展示するほか、ノンタンの原型となった「あかんべぎつね」の原画も展示。絵本コーナー、3Dノンタンのアニメーション上映や、ノンタン絵本、展覧会限定グッズの販売もあります。

 ぜひゴールデンウィークのおでかけで遊びにいらしてください。

会期:2019年4月24日(水)〜2019年5月6日(月・休)
入場時間:10:00〜19:30(閉場は20:00。最終日は16:30最終入場、17:00閉場)
会場:京都髙島屋 7階グランドホール
住所:京都市下京区四条通河原町西入真町52
入場料:一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料

刊行45周年 ノンタン絵本の世界展 もっと!ノンタン みんなだいすき」 公式サイト(京都高島屋)

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

小学校で絵本読み聞かせをしています。「いじめ」の本当にあったお話、よみはじめるとシーンとなり、悲しそうな顔になります。作者の思いがそのまま大勢の子どもたちにひびきます。このほんを知って書店に注文しました。(60代)

pickup

new!新しい記事を読む