icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

本のイベント

『まっすぐな地平線』の作者、森島いずみさんが子どもたちにエール

読書を通して世の中のことや身の回りの出来事に関心を深め、感じ、考えたことを、自分のことばで表現する「第22回 さぴあ作文コンクール」(主催/サピックス小学部)の表彰式が、11月11日(日)に代々木のSYDホールでおこなわれました。

 課題図書に選ばれた『まっすぐな地平線』は、明明(みんみん)という中国人のおばさんと知り合った小学生悠介の物語。国境を越えた人と人との結びつきをやさしく描いた作品です。

 作者の森島いずみさんは、中国への留学中に内モンゴルや西方の砂漠地帯まで足をのばし、その世界にそれまで味わったことのない刺激を受けたそうです。あたらしいことにどんどん挑戦して、それを人生の糧にしてほしいと、子どもたちにエールを送りました。

(編集部 早坂)

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

保育園で楽しそうにこちらの絵本を見ているときいたので購入しました。今では1ばんのお気に入りの絵本です。歌いながら読み聞かせすると"お腹がペコペコ"とジェスチャーしたり、てをパタパタと蝶のまねをしたり、親子で楽しい時間を過ごしています。土曜日の食べ物がずらりと並ぶところは大興奮です。素敵な絵本をありがとうございます。(1歳・ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む