icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

時間色のリリィ

25

 「じつはリリィと心をつなげたとき……わたしの頭の中に、マンガの原稿が見えたんです」

 どう話せば信じてもらえるか考えながら、ロミはいった。

 「なんだか、ピントの合ってない写真みたいだったんですけど……はじめは、病院で見せてもらった『大魔法使いリリィのぼうけん』らしい絵が見えたんです。でも、それが突然に押しのけられたみたいに、『くらやみリリィ』に変わったんです」

 一瞬といってもいいくらいの短い時間だったけれど、たしかにロミには、そんなふうに見えた。

「つまり、それはなんらかの理由で、本家のリリィが乗っとられたってことかな」

 腕組みをした園内くんが、不思議そうに首をかしげる。

 「もしかすると、そうかもしれないけど……だとしたら、『くらやみリリィ』っていうマンガもあったということですよね? でも、リリィのマンガは“ミコ・ミコぷろだくしょん”にしか描けないはずです。べつの人が描いたとしたら、どんなに似ていてもリリィじゃない。でも、あのリリィは、ちゃんとスーパーシューズも使ってました。それを考えると『くらやみリリィ』は、やっぱり“ミコ・ミコぷろだくしょん”が描いた、べつのリリィってことじゃないですか」

 まるで名探偵のような口ぶりで、ロミは説明した。

「それに……わたし、きのうから、なんだか心の中に冷たい風が吹いているような気がして、仕方ないんです。大切なミューちゃんがマンガにされちゃったのは悲しいしこわいけど、それとはべつに、すごくさびしいっていうか」

「えっ、そうなのかい」

おどろいたように、園内くんが顔をあげる。

「なんだか時間が過ぎてしまうのが、とっても悲しいような……ミューちゃんといっしょにいろんなことをしたのに、その時間が二度ともどってこないのが、すごくさびしくて……いまはそんなことを考えてる場合じゃないのに、どういうわけか、心の中から追いだせないんです」

 話しているうちに、なぜだか、また目に涙がうかんでくる––––泣くつもりなんか、少しもないのに。

「園内くんには、ケンカしたっていいましたけど……じつはリリィが“くらやみリリィ”になる前、同じようなことを感じて、ちょっとだけ泣いちゃってたんです。そこにリリィがあらわれて、わたしがどれだけ悲しい気持ちになっているか、言葉以上にわかるっていわれて……それで、魔法のシールを使って心をつなげたら、いきなりリリィが変身しちゃったんです」

「あぁ、ロミちゃん」

あいづちを打ったミコおばさんの目にも、どういうわけか涙がうかんでいた。おばさんには、悲しいことなんかないはずなのに。

「お願いだから、一度だけ、ギュッてさせてくれない?」

 そういいながらおばさんは、立ちあがって両手を広げた。

「えっ、わたし、もう子どもじゃないし、よく意味が」

わからないんですけど……と続けそうになって、ロミは言葉を飲みこんだ。ミコおばさんの顔を見ているうちに、目元からあふれて頰をすべっていく涙の意味が、なんとなくわかったからだ。

(きっとミコおばさんも、同じように感じたことがあるんだ)

1 2 3

バックナンバー

profile

  • 朱川湊人

    朱川湊人

    1963年1月7日生まれ。大阪府出身。出版社勤務をへて著述業。2002年「フクロウ男」でオール読物推理小説新人賞、2003年「白い部屋で月の歌を」で日本ホラー小説大賞短編賞、2005年大阪の少年を主人公にした短編集「花まんま」で直木賞を受賞。おもな作品に、『スズメの事ム所 駆け出し探偵と下町の怪人たち』『アンドロメダの猫』『無限のビィ』『冥の水底』『なごり歌』『かたみ歌』『サクラ秘密基地』『オルゴォル』『銀河に口笛』『いっぺんさん』『都市伝説セピア』などがある。

今日の1さつ

布川愛子さんの美しく繊細な絵が印象的でした。我が家の娘の名前が花なので花よめさんの絵本は、幼き子供の興味をくすぐらせるかな?と思い、親の好みで決めました。(5歳・お母さま)

pickup

new!新しい記事を読む