icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

時間色のリリィ

16

「それにしても……なるほど、親子2代で早めに結婚すると、それだけ早く孫の顔が見られるってわけね。きっとレイちゃんは、ひ孫の顔も見られるわ」

 バァバのひ孫というと、自分やチー坊の子どもということなんだろうけど、さすがに少し気が早いんじゃないかな。

「あの……園内くんのおばさんは、小学校のころ、うちのおばあちゃんと仲がよかったんですよね?」

 そんなに仲よしだったのに、バァバが結婚したことも知らないなんて、ちょっとしっくりこない。

「うん、すごく仲よしだったわよ。でも別の中学に行ったから、小学校のときのことしか知らないの」

 ミコおばさんは、少しだけさびしそうにいった。

「本人に聞けばわかるけど、レイちゃんは小学校の近くの団地に住んでたのよ。あ、小学校は、いま、理央が通ってる西木塚小なんだけど、そのころは……」

「坂江第二小学校っていったんですよね」

「そうそう、よく知ってるわね。でも6年生のときだったかな、レイちゃんちは、駅のむこうに家を買って引っ越しちゃったのよ。だからレイちゃんは、卒業するまでのあいだ、40分くらい歩いて通ってたの。大変よねぇ」

 たぶん、その家はママが電話でいっていた“西口のほうにある建売住宅”のことだろう。どうせなら小学校を卒業してから引っ越せばよかったのに……とは思うけれど、なにか理由があったのかもしれない。

「そのころは、学区域っていうのがあってね。区立中学の場合は、〇×町に住んでる子はA中学、〇△町に住んでいる子はB中学に行くって、ちゃんと決められてたの。いまは好きな中学を選べるらしいけど……だからちがう中学になってから、レイちゃんとは会わなくなっちゃったの。残念だけど、大人になってからのことなんて、なんにも知らないのよ」

 そんな言葉を聞くと、ロミの心にも影が落ちる。バァバとミコおばさんは、そのまま自分とミューちゃんと同じだからだ。

「レイちゃん、元気にしてる?」

「はい、すごく元気です。このあいだも、おじいちゃんといっしょにハイキングに行ってましたよ」

「おっ、元気なうえに、旦那さんともラブラブなのね。うらやまし~」

「えぇ、おじいちゃんとも仲がいいです」

 その言葉はウソではないけれど、ロミが見るかぎり、どっちかというと気の強いバァバに、やさしいジィジが合わせているような感じだ。まぁ、大人も、なかなか大変なんだろう。

「話が盛りあがってるところで、ちょっと悪いんだけど」

 ミコおばさんとバァバの話を続けているところに、園内くんが割りこんできた。

「じつはロミちゃんを連れてきたのは、例のマンガを、見せてほしいっていわれたからなんだよ。ほら、おばさんが学校に埋めてたやつ」

「えっ、あれが見たいの? やだ、ダメよ、はずかしいでしょ、はずかしすぎて、熱が出る~」

 そういいながらミコおばさんは、うすい掛けぶとんをはねあげ、ベッドのはしに座りなおした。

「ほんと、あんなのを他人に見られたら、一生の恥よ……なんていったって、描いたのは5年生のときなんだから」

 その言葉とはうらはらに、おばさんはベッドの横にあるサイドチェストの2番目の引き出しを開けて、大きな書類封筒を取りだした。

「はい、これ……ミコ・ミコぷろだくしょんプレゼンツ、『大魔法使いリリィのぼうけん』よ」

「おばさん、いってることとやってることが、チグハグだよ」

 園内くんがいうと、ミコおばさんはやさしく笑って答えた。

「そりゃあ、はずかしいから、できれば見せたくないって気持ちもあるけど……ロミちゃんがレイちゃんのお孫さんなんだったら、見る権利があるでしょ。それなのに見せなかったら、イジワルしてるみたいじゃない」

 ミコおばさんは書類封筒からマンガ原稿を取りだし、ロミに差しだした。

「これって、ほんとに45年前に描いたやつなんですか」

 マンガ原稿を受けとって、ロミは思わず目を丸くした。少し紙がくたびれて、ところどころがうすくきばんだりしているけれど、1年くらいに前に描いたといわれても信じてしまえるくらいに、きれいだったからだ。

「なにせビニールや新聞紙で、厳重につつんでおいたからね。おせんべいの袋に入ってた乾燥剤も、何個も入れておいたし」

 それでも雷おこしの缶はさびまくり、いっしょに入れていた新聞紙は湿気で波うっていたらしい。あまりきれいな感じではなかったので、とどけにきた園内くんのお父さんが捨ててしまったそうだけれど。

「じつはわたしも、はじめて見たときはビックリしたわよ。こんなにきれいなままだなんて……45年って、長いんだか短いんだか、わかんなくなっちゃったくらい」

 十分に長い時間だとロミは思ったが、口には出さない。

「じゃあ、ちょっと見せてもらいますね」

1 2

バックナンバー

profile

  • 朱川湊人

    朱川湊人

    1963年1月7日生まれ。大阪府出身。出版社勤務をへて著述業。2002年「フクロウ男」でオール読物推理小説新人賞、2003年「白い部屋で月の歌を」で日本ホラー小説大賞短編賞、2005年大阪の少年を主人公にした短編集「花まんま」で直木賞を受賞。おもな作品に、『スズメの事ム所 駆け出し探偵と下町の怪人たち』『アンドロメダの猫』『無限のビィ』『冥の水底』『なごり歌』『かたみ歌』『サクラ秘密基地』『オルゴォル』『銀河に口笛』『いっぺんさん』『都市伝説セピア』などがある。

今日の1さつ

年長になり、しりとりや言葉あそびを楽しむようになりました。なし→ねこ→はとの3連発になっているところはとてもおもしろがってすごいと言ってました。私もうまいことなってるなあと思っておもしろかったです。娘が先にみて、何になったかあててごらんとヒントをだしてくれてクイズしながらいっしょに楽しみました。(5歳・女の子のお母さま)

pickup

new!新しい記事を読む