icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

時間色のリリィ

10

 その日の夜、ロミはベッドの上に寝ころがって、ぼんやりと天井をながめていた。昼間のできごとが強烈過ぎて、なんだか疲れてしまったのだ。

「魔法使いって、ホントにいたんだなぁ」

 リリィの顔を思いだしながら、そっとつぶやいてみると––––自分でいうのもへんだけど、ものすごくウソっぽく聞こえる。まるでマンガのセリフみたいだ。

 けれど自分の目のまえで、リリィが不思議なことをしてみせたのはたしかだ。そのどれにもトリックがあるようには思えなかった。

 だったら素直に信じればいいのに……とは思うけれど、自分の知識や常識からはずれすぎたことを、なかなか飲みこめないのがロミの性格。

 そういえば小さいころ、バァバがママにいっていたことがある。

「この子は自分が納得しないと、先に進めないタイプなんだろうね。だからスピードはおそいかもしれないけど、きっと将来、頭がよくなるよ」

 なにをするにもおそかったロミをママがなげいているのを聞いて、それに対する答えだったと思う。やっぱりバァバは自分のことを、よくわかってくれている。頭のいい子になったかどうかは、まぁ、さておき。

 そう思ったところで、廊下をドタドタと走ってくる音がひびいて、部屋のまえで止まった。妹のチー坊だ。

「お姉ちゃん、ごはんだってぇ」

 ドア越しにそんな声がしたかと思うと、すぐにドタドタと走る音が遠ざかっていく。小さいころからチー坊の移動の基本は“走る”だったけれど、3年生になっても治らない。元気なのはいいけど、そろそろやめさせないと、そのうち廊下に穴が開いてしまいそうだ。

「ごはん、ごはん……きょうのおかずはなんだろなー」

 ベッドから起きあがって部屋を出ようとしたとき、机の上に置きっぱなしにしたうすいブルーのパスケースが目についた。ビニール製の二つ折りタイプで、ふつうは電車の定期なんかを入れて使うものだけれど、定期を持っていないロミは、塾の会員証や図書館の貸し出しカードを入れるのに使っていた。

 それを手に取って広げると、ビニールの透明窓の上に、リリィの例のシールが貼りつけられている。なんでも、これをオデコのまえにかざして呪文をとなえれば、リリィが来てくれるのだという。本人は“大魔法使い召喚装置”と偉そうに言っていたけど、つまりは“リリィ呼び出しボタン”みたいなものらしい。

「でもね、いつもいつも行けるわけじゃないから、もしダメだったらカンベンしてね。こっちにも都合ってもんがあるからさ。あと、基本的に夜はダメだよ。わたし、一応は子どもだし」

 そんな風にリリィはいっていたけれど、ずいぶんアバウトな呼び出し装置だ。

 おばあちゃんの心の中をのぞかせてあげたあと、八木谷のおばさんは、おばあちゃんと二人きりになりたかったようなので、ロミたちは気をきかせて腰を上げた。家を出てポンちゃんにもあいさつしたあと、予定通りに図書館のほうに足をむけたのだけれど、そのときのミューちゃんの関心は、図書館よりもリリィだった。

「リリィちゃんは、どこから来たの? どこに住んでるの? 家族も魔法使いなの? きょうだい、いる? 学校は何小?」

 歩きながらマシンガンみたいに質問してくるミューちゃんに、さすがのリリィも圧倒されてしまったのか、ただ口を金魚みたいにパクパクさせるばかりで、どの質問にもはっきりとは答えなかった。

「申し訳ありませんが、プライベートなことは、あまりお答えできません。あしからず」

 ついには、そんなことをいって逃げだす始末。

「なによ、それ……教えてくれたっていいじゃない。わたし、興味津々なんだから」

「そういわれても、わたしにも気分ってもんがありますからねぇ」

 あ、ナマイキ! とロミは思ったけれど、たしかにむりやり話させようとするのは、ちょっといただけないかも。

「じゃあ、1つだけ教えて」

 リリィのつれなさにほっぺをふくらませているミューちゃんの顔をチラリと見て、ロミはたずねた。

「たしかリリィちゃんは、“ミコ・ミコぷろだくしょん”っていう会社を探してたよね。それは、どうして? そもそも、それってなんの会社なの?」

「1つだけっていったのに、質問が2つなのは不思議だけど……じつはわたしも、それで頼みたいことがあったのよ」

 ウォッホンと咳ばらいをして、リリィがいった。

「じつは、わたしにも“ミコ・ミコぷろだくしょん”がどんなものなのか、よくわかんないの。知ってるのは、名前だけ……でも、たぶん会社じゃないと思う。だって坂江第二小学校の中に、会社なんかないよね?」

「まぁ、ふつうに考えたらね」

 使わなくなった学校の校舎を借りて仕事をしている会社がある……というのを、まえにテレビのニュースで見たことがあったけど、そういうのともちがうんだろうな。

「じつは……その“ミコ・ミコぷろだくしょん”の人を探しだせば、わたしはホントの大魔法使いになれるらしいのよ。いまは3つしか魔法が使えなくってショボいけど、もっとすごい魔法が使えるようになるんだって」

1 2

バックナンバー

profile

  • 朱川湊人

    朱川湊人

    1963年1月7日生まれ。大阪府出身。出版社勤務をへて著述業。2002年「フクロウ男」でオール読物推理小説新人賞、2003年「白い部屋で月の歌を」で日本ホラー小説大賞短編賞、2005年大阪の少年を主人公にした短編集「花まんま」で直木賞を受賞。おもな作品に、『スズメの事ム所 駆け出し探偵と下町の怪人たち』『アンドロメダの猫』『無限のビィ』『冥の水底』『なごり歌』『かたみ歌』『サクラ秘密基地』『オルゴォル』『銀河に口笛』『いっぺんさん』『都市伝説セピア』などがある。

今日の1さつ

ゆきだるまのなかからでてきたとこだいすき。(5歳)

pickup

new!新しい記事を読む