icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

時間色のリリィ

7

 来るたびに思うことだけれど、八木谷さんの家は、本当に大きい。

 それでいて古くもある。まるで時代劇に出てくる建物みたいな形をしているけれど、屋根の上に太陽発電用のパネルが乗っかっていたり、衛星放送用のアンテナが飛びでていたり、縁側にはサッシがハマっていたり、いまとむかしがごちゃ混ぜになっている感じだ。

 そんなに大きい家なのに、まわりにコンクリートのへいはない。

 林といってもいいくらいに木が植えてあるので、それが塀の代わりなのだろう。よく見ると、金網でできた背の低いフェンスもあるにはあるが、それには草のつるがびっしりと巻きついていて、まわりの木に取りこまれたようになっている。

 その中にロミの家が全部入ってしまいそうな庭があって、ヤギのポンちゃんはそれをひとり占めしている。いちおうは首輪に長いひもがつけられているけれど、あくまでも勝手に外に出ないようにするためのもので、庭の中なら好きなように動けるのだ。

「ポンちゃん、ひさしぶり!」

「元気にしてた?」

 ロミたちは道路に面した小さな道から庭に入ると、縁側近くにいたおばさんにあいさつしたあと、すぐにポンちゃんに駆けよって言った。ポンちゃんは庭のはしにいて、フェンスにからんだなにかの葉っぱをかじっているところだった。

「ポンちゃん、きょうはおもしろい子を連れてきたよ。この子、ポンちゃんと話ができるんだって」

 ミューちゃんが興奮したようにいったけれど、ポンちゃんが特に興味を示しているようすはない。

 じつはポンちゃんは、けっこうクールで、いくらつきあいが長いといっても、犬みたいにしっぽを振ることもなければ、いきなり地面に転がっておなかを見せたりするようなこともない。ヤギだから仕方がないとはいえ、いつ会っても、こっちには少しも興味なさそうに、ただ葉っぱをかんでいるだけなのだ。

「さぁ、リリィちゃん! ポンちゃんと話してみて」

 ミューちゃんが目をキラキラさせていうと、どこか気の毒そうな口ぶりで、リリィは答えた。

「そりゃ、話せっていうなら話すけど……いっておくけど、見ておもしろいものでもないよ。もしかすると、ガッカリさせちゃうかも」

「いいから、いいから」

 何度もせっつかれて、リリィはポンちゃんに話しかけた。

「えーっと、はじめまして、ポンちゃん。わたしは、大魔法使いのリリィ」

 いちおう、いつものように腕を組んでいばった態度だけれど、どういうわけか元気がない。話しかけられたポンちゃんは、リリィのほうには少しも目をむけず、ただ小さな声で鳴いた。

「あっ、ポンちゃん、いま、返事したね! ちゃんと話ができてるんだ」

 それでもミューちゃんは、うれしそうにロミの肩をたたいた。たしかにロミの知るかぎり、ポンちゃんはあまり鳴かない。鳴いたとしても、よくあるヤギの鳴き声の「メェ~」ではなく、おじさんみたいな太い声で、「ベェ」と短く鳴くだけだ。 

「リリィちゃん、いま、なんていったの? ポンちゃんは」

「あの……その……」

 気を持たせようとでもしているのか、リリィは口ごもった。

「早く教えてよ」

「あの……『うるせぇ、あっち行け』って」

「えっ」

 ロミとミューちゃんは思わず顔を見あわせた。

「あと、『あぁ、めんどうくさい連中が来た。その手に持った葉っぱをおいて、とっとと帰んな』ともいってる」

 あんまりといえば、あんまりだ。子どものころからなかよしだと思っていたのに、そんなふうに思われていたなんて––––大ショック。

「だから、いったでしょ。ガッカリさせちゃうかもって」

 ションボリと肩を落としたロミとミューちゃんに、リリィはいった。

「動物にだって性格があるんだから、みんなかわいいとはかぎらないんだよ」

 それはたしかにリリィのいう通りだろう。人間だって、いろんな性格の人がいる。すぐになかよくなれる人もいれば、いつまでたっても友だちになれそうもない人まで、いろいろだ。

「それはわかってるけど、やっぱりショックだなぁ」

 ミューちゃんは、ほんとにガッカリしたんだろう。いつも明るいミューちゃんらしくない言い方をした。

(そんなふうに思うのは早いよ、ミューちゃん。もしかしたらリリィが、ウソをついているのかもしれないじゃないの)

  そう考えたロミが、そのまま口に出そうとしたとき––––。

「気持ちはわかるけど、そんなふうにいったら、このヤギさんがかわいそうだよ」

 思いがけず、いいかえしたのはリリィだった。

「このヤギさんは、むかしから、ずっとこんなふうだったわけでしょ。つまりヤギさんは、なにも変わってない。でも、お姉さんは、自分の思っていた通りじゃなかったからって、勝手にガッカリしてる。だからわたし、このヤギさんのいっていることを教えたくなかったの」

1 2

バックナンバー

profile

  • 朱川湊人

    朱川湊人

    1963年1月7日生まれ。大阪府出身。出版社勤務をへて著述業。2002年「フクロウ男」でオール読物推理小説新人賞、2003年「白い部屋で月の歌を」で日本ホラー小説大賞短編賞、2005年大阪の少年を主人公にした短編集「花まんま」で直木賞を受賞。おもな作品に、『スズメの事ム所 駆け出し探偵と下町の怪人たち』『アンドロメダの猫』『無限のビィ』『冥の水底』『なごり歌』『かたみ歌』『サクラ秘密基地』『オルゴォル』『銀河に口笛』『いっぺんさん』『都市伝説セピア』などがある。

今日の1さつ

子供が学校から借りてきました。私も(母)一緒に読んだところあまりにおもしろく、学校でも人気がありなかなか借りれませんので購入しています。今では私の方が読書が楽しくていろんな本を読んでいます。銭天堂様様です。(11歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む