icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

放課後の読書クラブ

第1回 木の物語 前編

親友は桜の木

「読むこと」をテーマに、自身の読書体験、おすすめの本などについて、作家・小手鞠るいさんが語ります。

 青い瓦屋根の小さな平屋。マッチ箱のような形をした家だった。ガラガラと横にあける玄関の引き戸。部屋はふたつきり。まわりには、似たような家がずらりと立ちならんでいた。若かりしころ、両親は公団住宅の一軒を借りていて、わたしと弟は、そこで生まれた(妹も生まれたのですが、赤ん坊のとき亡くなりました)。

 小学5年生の終わりごろまで暮らしていたその家の庭先には、桜の木が植えられていた。となりの家にも、向かいの家にも、植えられていた。生えていたのではなくて、植えられていた。

 小学1年生の入学式の朝、満開の桜の木の下に、ランドセルを背負って立っているわたしの写真が残っている。

 その桜の木は「うちの桜」だったというわけだ。

 わたしはよく、この桜の木に登って遊んだり、木に話しかけたり、「背がもっとのびますように」「成績がよくなりますように」「これ以上、目が悪くなりませんように」「弟が危険な目にあいませんように」などと願いごとをしたり、幹に抱きついたり、ごつごつしたこぶをなでたりしていた。

 うちの桜はわたしの親友だった。

 母に頼まれて、桜もちを包むための葉っぱを集めたり、さくらんぼの季節になると、木から直接、実をつみとって、6つ年下の弟といっしょに、おやつがわりに食べたりしていた。悲しいことがあったり、親や先生に叱られたりしたときには、木になぐさめてもらっていた。

 ある年のこと、どこからか、だれかがどやどやとやってきて、おとなりの家の庭の桜の木をのこぎりで切りはじめた。

「桜は病気にかかりやすいからなぁ」

「1本が病気になったら、ほかの木にもうつるんじゃ」

「じゃから、すぐに切らにゃあいけんのじゃ」(岡山弁です)

 両親はわたしと弟に、そのように言って聞かせた。

 桜の木が病気にかかっているようには見えなかった。まだちゃんと葉っぱもついているし、今年の4月には花も咲かせていた。それなのに、根もとからばっさり、切りたおされなくてはならないのか。

 のこぎりの音に耳をふさぎながら、わたしは泣きそうな気持ちになっていた。まるで自分の身を切られているかのような痛みを心に感じていた。

 かわいそう、桜の木がかわいそう。

 桜の木が泣いている。切らないで、切らないで、と、悲鳴をあげている。

 木を擬人化するわたしの習い性は、そのころから始まったと思われる。

 

 それから50年以上の時が流れて、わたしは今、ニューヨーク州の森のなかで、無数の樹木に囲まれて暮らしている。

 家のまわりには、つが、松、杉、栗、りんご、オーク、メイプル、ポプラなど、さまざまな種類の木が生えている。だれが植えたのでもない。ここには大昔から、木が生えていた。

 木に囲まれて暮らす、ということはわたしにとって、親しい友人たちといっしょに暮らす、ということにほかならない。

 この友人は、愛情深い。人にも動物にも小鳥にも昆虫にも、もちろん地球にもやさしい。人の悪口は言わない。人をいじめたりしない。人や生き物を傷つけたりしない。木はもの言わぬ、心やさしい友人だ、と、わたしは長年、そう思ってきた。

 しかしつい最近、ある本を読んで、この考えを改めることにした。

 驚いたことに、わたしの親友たちはことばを持っている、ということを教えてくれる本に出会ったのである。

 本には、なんて素晴らしい力があるのだろう。

 そういえば、本は木からできている。

 本が語ってくれる物語は、木がわたしたちに語ってくれる物語なのかもしれない。

バックナンバー

profile

  • 小手鞠るい

    小手鞠るい

    1956年岡山県生まれ。同志社大学卒業。小説家。詩とメルヘン賞、海燕新人文学賞、島清恋愛文学賞、ボローニャ国際児童図書賞などを受賞。2019年には『ある晴れた夏の朝』(偕成社)で、子どもの本研究会第3回作品賞、小学館児童出版文化賞を受賞。主な作品に『エンキョリレンアイ』『きみの声を聞かせて』『アップルソング』『思春期』『初恋まねき猫』『放課後の文章教室』『空から森が降ってくる』など多数。1992年に渡米、ニューヨーク州ウッドストック在住。

今日の1さつ

何気ない当たり前の小さな世界が文字通り波紋となって宇宙の景色とリンクしていく様に心がギュッと熱くなりました。夏の夜に耳をすませながらページをめくりたくなるそんな一冊です。(24歳)

pickup

new!新しい記事を読む