icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

絵本の相談室

あかちゃんがよろこぶ!
『じゃあじゃあびりびり』のひみつ

 偕成社にはいろいろなあかちゃん絵本があるのですが、「どれが人気ですか?」と聞かれたときに必ずご紹介するのが、こちらの絵本。


  まついのりこさんの『じゃあじゃあびりびり』です!
 『じゃあじゃあびりびり』は、1983年に発売したときは通常の紙の絵本でしたが、2001年にボードブック版に生まれかわりました。2011年より「ブックスタート」(全国の自治体がおこなっている絵本の普及活動で、0歳児検診などの際に親子に絵本を手渡しています)の絵本に選ばれたことがきっかけで、より広く知られるようになりました。
 今では「はじめての絵本(ファーストブック)」といえば名前があがる、定番の絵本になっています。

『じゃあじゃあびりびり』ってどんな絵本?

 さて、そんな『じゃあじゃあびりびり』とは、どんな絵本なのでしょう?


 ページを開くと、色あざやかな絵と、音をあらわした文字が登場します。 
 ぱっと見たところ、とてもシンプルなつくりですよね。大人が読んでも、「いったいどこがおもしろいんだろう…」と不安になるかもしれませんが、あかちゃんには大変人気があるのです! お母さんたちからも、それを実感する声が届いています。

愛読者はがきの声

 偕成社に届く愛読者はがきの声をいくつかご紹介しますね。
 
「今4か月ですが、読み聞かせるととてもよろこんでいます。喜んでいる顔が見たくて毎日読み聞かせています」(4か月・お母さまより)
 
「こんな文字が少ない絵本を見てくれるのかな? と思いながら買って見せたら、声をあげて見ていてびっくり!」(3か月・お母さまより)
 
「読んでいると、笑ったり目を丸くさせたりと、いい反応が見られました」(6か月・お母さまより)
 
 
 では、その人気には、どんなひみつがあるのでしょうか? 担当編集者に、この絵本の魅力を聞いてみました。

 

『じゃあじゃあびりびり』はなぜ人気? ひみつを編集者に聞いてみる

 はっきりとした色づかい

 「ポイントは、色づかいがはっきりしているところ。まだ目があまり見えないあかちゃんでも色やかたちを認識でき、興味を引くんです」
 
 
 わたしたちも感じる色のあざやかさ。あかちゃんも興味をしめすんですね!
 

 あかちゃんの耳がよろこぶ擬音

 「自動車はぶーぶーぶーぶー、いぬはわんわんわんわん、など、さまざまな擬音が登場します。擬音は直接、感性にうったえるので、あかちゃんは大好きなんです
また、文字も絵の一部ととらえて、動きを感じられる配置にしています」
 

「いぬ わんわんわんわん」のページ。鳴き声がひびくような配置になっていますね!

 

 あかちゃんの視野と同じ大きさ

 「絵本の大きさがあかちゃんの視野と同じくらいになっています。だから見やすいし、あかちゃんが自分で持つときにもちょうどいい大きさなのです」
 

じーっと集中して見ていますね!

 

どのページから見てもいい

「この絵本にはストーリーがなく、どのページから見ても楽しめます。あかちゃんにとってはすべてが新しい出会い。ページごとにちがう絵が登場するので、お気に入りのページができます」
 

1ページごとにこんなにカラフル!

 

 はじめての絵本にぴったりの『じゃあじゃあびりびり』。あかちゃんのうれしいリアクションを、ぜひ確かめてみてください!


この記事にでてきた本

関連記事

絵本をかじったり、なめたりしてしまいます! 絵本を読むには早いの?

バックナンバー

今日の1さつ

表紙の絵やとちゅうの絵がかわいいのでレンちゃんや高田さんの気分になれて本の中の世界にすいこまれるのでドキドキハラハラしておもしろかったです。(9歳)

pickup

new!新しい記事を読む