icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

絵本の相談室

絵本をかじったり、なめたりしてしまいます!
絵本を読むには早いの?

お子さんに絵本の読み聞かせをしていると、すぐに、かじったり、なげたり、なめたり……。「いつのまにか、ページがやぶれてしまった!」「まだうちの子には、絵本は早いのかなあ?」お母さんたちと話をしていると、よく耳にする言葉です。でも、あかちゃんが絵本をさわったり、かじったりするのは、興味がある証拠なのかも? 絵本と友だちになる第一歩なのかもしれません。
 
とはいえ、やはりせっかく買った本、買ってすぐに、そして長く楽しみたいもの……! 
そこで今日は、かんでもやぶれにく、あかちゃんも見やすい、小型の「ボードブック」を紹介したいと思います!

 

ボードブックとは?

 絵本はもともと、厚めの紙でできているのですが、ボードブックは、合紙といって、絵本用紙より厚い紙をさらに貼り合わせて作った本です。具体的にどんなものなのでしょうか? 通常の大きさのものと、「ボードブック版」の両方が出ている、『はらぺこあおむし』という絵本でくらべてみました! 

 こちらが通常版。

 

『はらぺこあおむし』の紙の厚さ

 そしてこちらが、ボードブック版。

『ボードブック版 はらぺこあおむし』紙の厚さ

 ボードブック版の紙は厚く、手ざわりは硬い、いかにも丈夫な感じです。はかってみたら、ボードブックは、1ページあたり1.5mmもありました。これなら多少はひっぱったり、かんだりしてしまっても、安心です!

あかちゃんも見やすい「小型のボードブック」

 ボードブックの素材は、このように丈夫なことから、あかちゃん絵本に使われることがよくあります。あかちゃん絵本は、あかちゃんの視野にあわせて、小さいサイズで作ることが多いのですが、今回ご紹介している『はらぺこあおむし』もそのひとつです。
 
 具体的に、大きさはどのくらい違うのでしょうか?
 

『はらぺこあおむし』と『ボードブック版 はらぺこあおむし』の大きさ比較

 くらべてみると、通常版は、横30cm、ボードブックは横18cmでした。
 小型のボードブックは、あかちゃんにも見やすいのはもちろんですが、おでかけの際などの持ちはこびにもとても便利です!

ボードブックの表面はなぜピカピカしているのか?

 ところで。ボードブックを書店で見かけたことがあるよ! という方、ボードブックの表面ってピカピカしていませんか? たとえばこのように……

『ボードブック版 はらぺこあおむし』見開き。

 写真だと分かりづらいですが、通常版とくらべてみます。

『ボードブック版 はらぺこあおむし』と『はらぺこあおむし』

 すこしちがいが伝わるでしょうか……? 普通の絵本は「紙」の手ざわりなのですが、ボードブックは表面がつるつる、ピカピカしているのです。でもこれって、なぜなのでしょう? そして、なめても安全なのでしょうか? 
 ここはプロに聞くのが一番、ということで、書籍を印刷する紙の手配などを行っている製作部のスタッフに聞いてみました!

ボードブックの紙は、なめたりかんだりしても安全なのでしょうか?

 ボードブックの紙は、食品用パッケージにも使われている、蛍光染料を使わない安全な紙です

表面がピカピカしています。どうしてわざわざピカピカさせるのですか? 口にいれても大丈夫なのですか?

ボードブックの紙の上からはったり、ぬってあるものは、ニスやフィルムです。よりインクの発色をよくし、ページの表面に汚れがつきにくくするためにはっています。あかちゃんのヨダレなどがついても紙にしみこまないので、すぐにふきとれます。材料に不安を覚える方も多いかもしれませんが、ニスやフィルムはもちろん、インクもふくめ、あかちゃんがなめても安全な材質のものを使っていますので、安心してください! また、フィルムも通常のものより強い接着力ではり、はがれにくくしています。

ボードブックは、書店のあかちゃん絵本コーナーに

  ボードブックが作られる過程には2通りあります。最初からボードブックとして作られるものと、『はらぺこあおむし』のように、もともと大きい絵本があって、後にボードブック版も出るものです。大きい絵本も大きい絵本で、大画面の迫力の魅力がありますので、ご家庭で使いわけて楽しんでみてくださいね。
 書店の児童書コーナーに行ってみると、最近はあかちゃんのためだけの絵本のコーナーがあることも。そこへいくと、きっとたくさんのボードブックに出会えるはず。ぜひお気に入りのボードブックを見つけてみてください!
 


この記事にでてきた本

バックナンバー

今日の1さつ

描かれている町のモデルのような田舎に住んでいるわけでもないのに、読んでいると思い出す感覚や匂いがあります。こどもの頃の放課後などです。外で遊んでだりして、都会にいても自然を感じとる力が備わっていたのかなと思います。とてもすてきな感覚を思い出すことができました。(20代)

pickup

new!新しい記事を読む