icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

宇宙飛行士になるには? 宇宙へのガイドブック『きみは宇宙飛行士!』と、月と宇宙の本

地球に住むわたしたちは、大昔から月や宇宙に関心を持ってきました。最近では日本人宇宙飛行士もたくさん誕生しているほか、民間の宇宙船で月旅行に行ける! なんていうニュースも話題になりましたね。きょうはそんな宇宙が、さらに身近になる本をご紹介します。

宇宙飛行士のすべてがわかる、世界一のハンドブック『きみは宇宙飛行士!』

 人類みんなの希望を持ってミッションをこなす、かっこいい宇宙飛行士。将来は宇宙飛行士になりたい! という子も多いかもしれません。そんな夢を抱いたときにぜひ読んでみてほしいのが、『きみは宇宙飛行士! 宇宙食・宇宙のトイレ まるごとハンドブック』(ロウイー・ストーウェル文/竹内薫 監訳/竹内さなみ 訳)です。

 タイトル通り、宇宙飛行士に関するすべてがわかるガイドブック。宇宙飛行士にむいているかどうかのチェックから始まり、宇宙飛行士候補になったあとの訓練について、いよいよ宇宙に行くことになったら、その準備のこと、ロケットの内部紹介、そして宇宙に飛び立ち、新しい家(つまり、国際宇宙ステーション!)でどんな風に過ごすかなどなど……。

 中身の一部をご紹介します。

宇宙飛行士になるのに必要な条件はさまざま。知識や語学力、体力のほかに、精神力も必要です。

宇宙飛行士候補になってからの訓練は過酷! 宇宙服を着たり、トイレに行ったりする練習も!

いよいよ宇宙へ! 打ち上げ前も準備が肝心。トイレに行くのも忘れてはいけません。

宇宙での拠点、国際宇宙ステーション! 仕事場であり、家でもあります。


 いかがでしょうか? 読むとまるで自分も宇宙に行ったような気分になれる、たくさんの情報がつまった充実の一冊です。

地球、重力、月のことが絵本でわかる! おすすめ作品3冊

 偕成社では、ほかにも宇宙に関する絵本を多数刊行しています。
 
・『重力って……』(ジェイソン・チン 作/竹内薫 訳)3歳から


「重力」って、いったいどんなもの? もし地球に重力がなかったら、どんな風になるの? そんな「もしも」を
追いかけながら、「重力」について理解を深められる1冊。無重力空間を絵本で体感できます
 
・『ちきゅう』(G・ブライアン・カラス 作・絵/庄司太一 訳)5歳から


わたしたちが住む地球が、自転・公転でたえず動いていることを、ダイナミックな絵で感覚的に紹介。「自分も宇宙を旅している
ひとりなんだ」と感じられます。
 
・『月へ アポロ11号のはるかなる旅』(ブライアン・フロッカ 作・絵/日暮雅通 訳)小学校低学年から


初めて月に降り立った、かの有名な「アポロ11号」。月にたどりつくまでの道のりを、臨場感あふれるイラストと文章で丁寧に紹介。月へ旅する気分を味わえる絵本です。
 
 どれも読みやすく、自然に宇宙に親しめる内容になっています。秋の夜空を見上げながら、宇宙に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

娘に読ませたくて、ホームズの本を探しておりました。現代マンガ風の挿絵のものもある中、こちらは当時の雰囲気が伝わる本格的な感じで、字も読みやすく、8才の子でもふりがながのっているおかげで、ちゃんと読めたようです。今まで児童文学文庫=岩波少年文庫と思っておりましたが、偕成社文庫のラインナップが気に入り、書店ではまず、こちらの棚をのぞいております。

pickup

new!新しい記事を読む