icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

金色にかがやく秋の森で、動物たちとかくれんぼ!『もりのかくれんぼう』

秋もだんだんと深まってきました。これから各地で紅葉が始まりますね。鮮やかな色とりどりの葉につつまれると、なんともいえない幸せな気持ちになります。

きょうご紹介する『もりのかくれんぼう』(末吉暁子 作/林明子 絵)の舞台は、紅葉した木々がしげる森の中。読者もいっしょに探して遊べる、すてきなかくれんぼが始まります!

けいこがまよいこんだのは、秋の森の中。そこで出会ったのは?

 お兄ちゃんとけいこは、公園であそんだあと、家に帰るところです。「うちまで きょうそうしよう。」と言って、お兄ちゃんは、ぱっとかけだしてしまいました。

 けいこがお兄ちゃんを追いかけて石垣の角をまがると、生け垣の下をくぐるお兄ちゃんの足が見えました。いつもとちがう道でしたが、「あっ、ちかみち いくのね。」と、けいこもまねっこして生け垣をくぐってみました。

 すると、ふしぎなことに、そこにお兄ちゃんの姿はなく、けいこは見たことのない森の入り口に立っていました。金色にけむったような、秋の森です。

森の中で出会ったのは、かくれんぼの達人「もりのかくれんぼう」!

 森の中を歩いていったけいこは、ふしぎな少年に出会いました。その名も、「もりのかくれんぼう」。木の枝や葉っぱと同じ色をしたこのふしぎな少年は、かくれんぼが大の得意だといいます。「どうだい、もりの なかまたちと かくれんぼしないかい。」もりのかくれんぼうに誘われて、けいこはかくれんぼをすることにしました。
 「かくれんぼするもの、よっといで!」もりのかくれんぼうのかけ声に集まってきたのは、たくさんの動物たち! くま、きつね、りす、とかげ……鬼になったけいこは、みんなを次々と見つけていきます。

さて、次はくまさんが鬼の番です。けいこはもりのかくれんぼうと一緒に、しげみの中にかくれてじっと息をひそめますが……?

絵にとけこむ動物たちを、けいこと一緒に探そう

 かくれんぼの場面では、読者も森の動物たちを探して遊ぶことができます。動物たちの見事なかくれ方は必見! 次のページで、どの動物がかくれていたか、答え合わせができます。

これはくまさんです。左の絵はかくれているところ、右が見つかってでてきたところ。とっても上手にかくれています!



 紅葉の時期にぴったりの、楽しくあたたかな一冊です。絵も文章も、じっくり楽しんでくださいね。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

表紙の絵やとちゅうの絵がかわいいのでレンちゃんや高田さんの気分になれて本の中の世界にすいこまれるのでドキドキハラハラしておもしろかったです。(9歳)

pickup

new!新しい記事を読む