icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

ちょっとドキドキする夜のトイレも“ばく”と一緒ならこわくない!『よるです』

少しずつやってくる秋の足音。気温が下がってくると、ちょっと問題になるのが、夜のトイレ。行きたい気持ちがあっても、暗いなかひとりで起きるのは勇気がいるものです。今回紹介する絵本、新進気鋭の絵本作家コンビ、ザ・キャビンカンパニーの『よるです』は、一人寝つけないすうちゃんの、怖くて楽しい夜のトイレへの道のりを描きます! 

トイレまでの道には怖いものがいっぱい!

 こち こち こち こち こち こち。真夜中の12時。
時計の音で眠れないすうちゃんは、トイレに行きたくなってきました。けれども、パパもママも起きてくれそうにありません。
すると……
 

 むくりっ! とつぜん もうふが ばくに なりました。
「こわがらないで。ぼくが いっしょに トイレに ついていってあげる」
 
 トイレへの道はなんだかながーく感じます。しかも、泥棒やクモなど、そこには、こわいものがいっぱいです。
 

 「ど、どうしよう」すうちゃんは立ち止まってしまいますが……
 ばくっ! ばくっ! ばくばくばくばくーーー!!
 そこへ飛び出してきたのはあの、“ばく”です。泥棒も、怖いクモもあっという間にばくのお腹のなかに入り……おしりから宝石や花火になってでてきたのです! すうちゃんもすっかり大よろこび。

 すうちゃん、無事にトイレにたどり着けるでしょうか?

 たくさんのあざやかな色が夜の黒に映える絵本。いつのまにか怖い夜が夢のような楽しい世界になっています。

絵本作家ユニット、ザ・キャビンカンパニー

 この絵本を描いたのは大分生まれで大分育ち阿部健太郎さんと吉岡紗希さんご夫婦です。ふたりでザ・キャビンカンパニーというユニットを組んでいます。大学の教育学部を卒業しおふたりは、地元大分での活動皮切りに全国のギャラリーやショップにて展覧会、絵本やイラスト、ワークショップなど、様々な分野で幅広く活動しています。

 おふたりアトリエは、なんと廃校になった小学校! 展示用に巨大な立体造形物を作ることもあるキャビンさんは、この広いアトリエで日々制作を行っています。

 「ザ・キャビンカンパニーらしさ」を出すために、ひと目でみて「ザ・キャビンカンパニー」が描いたとわかる作風をさぐったり、コンビ名のロゴを考えたりと、絵本づくりにはアーティストとしての工夫もたくさんこめられています。

ザ・キャビンカンパニーの世界展「あたまのなかのいきもの」

毎年恒例で行われている寺家スタジオでの展覧会。「いきもの」をテーマとした書き下ろし絵画の展示販売がメインです。ザ・キャビンカンパニーの絵本も一同にみることができます。

会期:2018年9月15日(土)〜10月8日(月・祝)
会場:寺家スタジオ
住所:神奈川県横浜市青葉区寺家町435-1

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

表紙の絵やとちゅうの絵がかわいいのでレンちゃんや高田さんの気分になれて本の中の世界にすいこまれるのでドキドキハラハラしておもしろかったです。(9歳)

pickup

new!新しい記事を読む