icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

すもうのけいこに、つけもの石。大いそがしの、はたらく「石」が主人公!『オオイシさん』

みなさんのまわりに、「おおいしさん」というお名前の方はいるでしょうか。身近にいなかったとしても、耳にしたらきっと、どこかの「人の」名前かな、と思いますよね。
でも、今日ご紹介する絵本『オオイシさん』(北村直子 作・絵)の主人公オオイシさんは、その字のとおり、大きな石! それも、あちこちひっぱりだこの、はたらく人気者の石なのです。

きょうはこの気になる『オオイシさん』をご紹介します!

「オオイシさん いるかい?」扉を開けると、オオイシさんが迎えてくれます

 「いるとき えいぎょう」の札がかかっている家。声をかけて扉をあけると、オオイシさんが畳にどんと座っています。町の人が仕事を頼みにきたのです。
 「らっしゃい。きょうは なんだい?」「こうじの くるまが こわれてね、こまっているんだ。いつもの たのむよ。」


ゴロゴロゴロ。オオイシさんが転がると、道がすこし平らになりました。
 
 ほかにも、粉ひきをしたり、つけもの石になったり、すもうのけいこに付き合ったり……。いそがしくはたらくオオイシさんは、町の人気者です。

なんと、時代劇への出演オファーが! オオイシさん、映画界にデビュー

 そんなある日、オオイシさんのところに、映画の撮影所の人がスカウトにやってきました。なんでも、時代劇の大事な役をたのみたいというのです。
 その話にとびついたオオイシさんは、「主人公の大石蔵之助の家にある、立派な石」として映画デビュー。その後もさまざまな映画に出演することになります。


ところが、ある映画の撮影中、オオイシさんはバランスを崩し、海におっこちてしまいます! さて、どうなるのでしょう……?

台は前作『ワタナベさん』と同じ町? 合わせてよみたい、“ユーモア名字”絵本!

 ユニークな設定が楽しい『オオイシさん』ですが、実はもう1冊、『ワタナベさん』という絵本もあります。こちらはお鍋のワタナベさんが主人公。ワタナベさんは、「さむいひ えいぎょう」の札を下げ、家でお鍋料理のお店をいとなんでいます。作者の北村さんいわく、実はオオイシさんは、ワタナベさんと同じ町に住んでいるのだとか! こんな楽しい2人(?)がいる町、楽しそうですね。
 
 どちらも楽しい、“ユーモア名字”絵本です。ぜひ一緒によんでみてくださいね。

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

表紙の絵やとちゅうの絵がかわいいのでレンちゃんや高田さんの気分になれて本の中の世界にすいこまれるのでドキドキハラハラしておもしろかったです。(9歳)

pickup

new!新しい記事を読む