icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

運が良かったり悪かったり! ページをめくる楽しさと波乱万丈の大冒険『よかったね ネッドくん』

絵本のおもしろさは、魅力的な絵やストーリーのほかに、「ページをめくる」ことで次の場面があらわれることにもあります。この「ページをめくる」という絵本ならではのしくみを上手につかっているのが、ロングセラー絵本のひとつ、『よかったね ネッドくん』(レミー・シャーリップ 作/やぎたよしこ 訳)です。

主人公のネッドくんに困ったことがおこったと思ったら、次の場面では運良く助かり、でもページをめくると、またまた災難が待っています! さあ、どんな冒険がくりひろげられるのか、見てみましょう。

よかったねネッドくん

びっくりパーティーに招待されたネッドくん

あるひ、ネッドくんに てがみが きた。「びっくりパーティーに いらっしゃい。」よかったね。

よかった!

でも、たいへん! パーティーは とおい とおい フロリダで やるんだって……。
(ネッドくんはニューヨーク在住なんです)

でもたいへん!

よかった! ともだちが ひこうき かしてくれて。

でも、たいへん! ひこうきが とちゅうで ばくはつ。

 ページをめくると、ネッドくんにつぎつぎと思いもしない出来事がおこります。お気づきだと思いますが、「よかった!」のページはフルカラー、「でも、たいへん!」のページはモノクロで描かれているんですよ。このちょっとした工夫によって、「でも、たいへん!」のトラブルの場面と、「よかった!」の助かる場面の変化がより際立ち、おもしろさを後押ししています。

 さて、ひこうきが爆発してしまったネッドくんは、このピンチをいったいどう切り抜けるのでしょうか? ネッドくんの冒険はまだまだつづきます。

じつはバイリンガル絵本。英語の勉強や日本語との差にも注目!

 この本は、もともとアメリカで出版され、1969年に初めて翻訳されました。偕成社の絵本の中でもとりわけ長く読みつがれているロングセラー作品のひとつです。
 作者のレミー・シャーリップさんの希望もあり、1997年の新版からは日本語と英語が併記されています。文を見ると、どのページにも共通していることばがあることに気がつくはず! そう、「よかった!」のところは、Fortunately(運のいいことに)、「でも、たいへん!」のところは、Unfortunately(運の悪いことに)と書かれています。この英語の響きもとってもリズミカルで、楽しく読むことができます。
 英文はどれもとても単純な文章ですので、ちょっとした英語の勉強にもなりますし、日本語訳とのちがいを楽しむこともできますよ。(日本語では、運のいいことによりもよかった!という訳文のほうがずっとリズミカルでいいな! ということもね)

自分でお話をつくってみてもおもしろいかも?

 波乱続きのネッドくんが無事にパーティー会場にたどりつけたかどうかは、ぜひ実際に本をお手にとってごらんくださいね。
 大勢で楽しめる拡大版の「ビッグブック版」も刊行しています。大きな画面で、さらに迫力いっぱいのネッドくんの冒険を楽しめます。

 「よかった!」「でも、たいへん!」のネッドくんのお話を自分なりにつくってみるのも、おもしろいかもしれませんね。

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

丁寧な絵、楽しい内容、ストーリーも含めてバランスのとれた1冊だと思います。時々「ふ、ふ」と少し声に出してわらってしまいました。本当にステキな1冊! 次も楽しみです!(50代)

pickup

new!新しい記事を読む