icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

春に読みたい! 小さなうれしさがいっぱいつまった『おばあちゃんとおんなじ』

春休みになると、おじいちゃんおばあちゃんのいえへ遊びにいく子も多いでしょうか。今週は、『なぞなぞのみせ』の作者、なかざわくみこさんの久しぶりの新刊、おばあちゃんと孫のなっちゃんのあたたかなやりとりを描いた『おばあちゃんとおんなじ』をご紹介します。

おばあちゃん、こどもだったんだね!

 おじいちゃんとおばあちゃんの家にあそびにきた、なっちゃん。おじいちゃんは会うたびに、こういいます。「なっちゃんは、おばあちゃんに よく にているなあ」。でも……

 わたしって こんな かお?

 なっちゃんの心はちょっと複雑です。

なっちゃん、なんともいえない顔をしています

 そんななっちゃんと、おばあちゃんは、ふたりで買い物へ行きます。するとその帰り、おばあちゃんが「ないしょのいいところ」を教えてくれるというのです。どんどんすすむおばあちゃんを心配しながらしげみをくぐると……わあ! そこは、一面のたんぽぽ畑!

 「おばあちゃんは たんぽぽ すきなの?」
 「うん、だいすきだよ」
 「おんなじだ! わたしも たんぽぽ すき」

 そして、なっちゃんは、おばあちゃんがなっちゃんくらいだったときのこと–––たんぽぽではなかんむりをつくったことや、おつかいにいったこと、妹のめんどうをみたことなど、小さなころの思い出をはじめてきくのでした。

 そこで、なっちゃんは、はたと気がつきます。

 「へーえ! おばあちゃん、こどもだったんだね!」

 おじいちゃんの待っている家に帰ったなっちゃん。またまた「ふたりは よーく にているよ」と言われて、こんどはちょっとうれしい気持ちになりました。

 ひみつのたんぽぽ畑へいくまでのわくわくした道のり、おばあちゃんとふたり秘密を共有したようなくすぐったい気持ち、なっちゃんといっしょに小さなうれしさが積み重なってあたたかな気持ちになる絵本です。

猫や犬をさがしたり、こまかい絵のあそび見るのもたのしい

 なかざわくみこさんのデビュー作は、『なぞなぞのみせ』。石津ちひろさんがつくったなぞなぞの答えを、絵からさがすシリーズの1冊です。なぞなぞをとくおもしろさはもちろん、どこかなつかしい絵や、こまかく描きこまれたお店のなかのようすをじっくり見て楽しめることから、発売以来大人気の絵本となっています。

なぞなぞのみせ

 今回もそのたのしいあそびがあちこちにありますよ! なっちゃんが追いかける猫や、近所の飼い犬をつぎの場面でもみつける楽しみがあったり、なっちゃんとおばあちゃんが買い物へ行くスーパーの商品にどこかで見たことのあるものや、変わったものがあったり。

 担当編集者からはこんなことも教えてもらいました。

ふたりが買い物から帰ってきたあと、おじいちゃんが待っている部屋に入ると、最初の場面からものの配置が変わっていますよ。おじいちゃんがどんなお片づけをしたか注目してみてください!

 春の季節に、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に、ぜひ読んでみてくださいね!

この記事に出てきた本

バックナンバー

今日の1さつ

読み聞かせすることで、「ムッシー」がこないように歯をみがくことに積極的になったりと、歯みがき強化効果がありました。(2歳・ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む