icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

みずから調理し、おいしい料理を提供! お鍋が主人公の絵本『ワタナベさん』

まだまだ寒い日が続いています。寒いときに食べたいものといえば……お鍋! 基本のお鍋も美味しいですし、おでんやちゃんこ鍋、洋食ならポトフなんかもいいですね。
きょうご紹介する絵本『ワタナベさん』(北村直子 作・絵)は、美味しい鍋料理をなんでも作れるお鍋が主人公のお話です。
 
 

「いらっしゃいませ、きょうも さむいですねー。」お店を営むのは、お鍋のワタナベさん

 「さむいひ えいぎょう」の札がかかったお店。懐かしい感じがする引き扉をあけると、店内で待っているのが、お鍋のワタナベさんです。


 お客さんたちはみんな、自分の家のお鍋を手にワタナベさんに料理を頼みにきます。メニューは炊き込みご飯、カレー、ロールキャベツ、などなど。料理をワタナベさんみずから(つまり、お鍋ひとつで!)作り上げ、お客さんのお鍋に入れてあげます。なんでも作れる料理名人のワタナベさんは、朝から晩までおおいそがしです。


ワタナベさんの元に、むずかしい注文が。ナポリタンをお鍋ひとつで!?

 ある夜、ワタナベさんの元にやってきた男の子。その注文は「ナポリタン3人前」でした。ふつうナポリタンといえば、お鍋でスパゲッティの麺をゆでて、ソースをフライパンで作って混ぜ合わせるもの。お鍋ひとつで料理をするワタナベさんには、難しい注文です。


 何かいい方法はないものか……。ワタナベさんはうなって考えて……ひらめきました! さて、一体どうやってナポリタンを作りあげるのでしょうか?
 本の最後には、ワタナベさんのナポリタンレシピがのっていますよ。

ユニークな設定とアイディアに、心ぽかぽか!

 この季節にぴったりのお鍋が主役、しかもみずからがお店を営んでいるという、ユニークな設定の『ワタナベさん』。お話はもちろん、懐かしさを感じる店先や料理から立ち上る湯気など、あちこちからあたたかさを感じます。
 読んだら鍋料理を食べたくなるかも! ぜひ手にとってみてくださいね。


この記事にでてきた本

 

バックナンバー

今日の1さつ

通院していた助産院でくいつきがよく、月齢の小さいころから見ていました。先日助産院最後の通院の日、たくさんある本棚の絵本からこれを探し出して、やっぱり何度も見ていたみたい。もう赤ちゃんも卒業かな?と思っていたのですが、まだまだこの絵本に魅力を感じている息子に2歳前ですが、買いました。かってよかった…。(1歳 ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む