icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

あなたと、大切にしているぬいぐるみの間には、どんなストーリーがありますか? 『くまのコールテンくん』

「きっとこの中に、運命の子がいるはず!」そんな密かな期待をこめて、たったひとつのぬいぐるみを探した経験、多くの方があるのではないでしょうか。今週ご紹介する『くまのコールテンくん』(ドン・フリーマン/作 まつおかきょうこ/訳)は、くまのぬいぐるみと女の子のあたたかな出会いと再会を描いた絵本です。

コールテンくんと女の子、最初の出会い

 緑色のズボンをはいたくまのコールテンくんは、大きなデパートのおもちゃ売り場にいます。そこにはコールテンくんのほかにも大小たくさんのぬいぐるみがいるので、小さなコールテンくんに気がついてくれる人は長い間、誰もいませんでした。
 けれどもある朝、1人の女の子がコールテンくんのところへ来て、こんなうれしいことを言ってくれたのです。
「ねえ、みて、ママ! あたし、ずっとまえから こんな くまが ほしかったの。」

 


 ところが、おかあさんはコールテンくんのつりひものボタンが1つとれているのをみて、「これ、しんぴんじゃないみたい。」と、女の子を連れていってしまいました。

ボタンを探しにいこう! 真夜中のデパートを大冒険

 かなしく2人を見送ったコールテンくん。
「ぼく、ボタンがとれているの しらなかった。こんや さがしに いこう。」
 その夜、コールテンくんはそうっと棚からおりて、どこかにボタンが落ちていないかと、あたりを探しはじめました。やがてたどりついたのは、ベッドやソファがならぶ家具コーナー。そして、そこでみつけたのです。ベッドの上に、目的のものが規則正しく並んでいるのを!
「なあんだ、ぼくのボタン、こんなところに あった!」
 

 ところが、マットレスに縫いこまれたそのボタンは、小さなコールテンくんがいくらひっぱってもなかなかとれません。やがてボタンの糸が切れた反動で、コールテンくんもベッドから落ちてしまいました。
 そしてそれを機に、コールテンくんは、みまわりにきていた警備員のおじさんにみつかり、あっさりと、元の棚に連れ戻されてしまいます。

女の子がまた会いに来てくれた!

 片方のボタンはやっぱりないまま、昨日の朝と変わらずにぬいぐるみの棚に座っていたコールテンくんでしたが、目をさますと、コールテンくんの前に、昨日きた女の子が立っていました。リサという名のその子は、自分の貯金でコールテンくんを買えることを知り、迎えに来てくれたのでした! 

 出会いを待っているのは、わたしたちだけではなくて、ぬいぐるみたちもなんだ! といううれしさや、夜中にぬいぐるみが動きだすというわくわくした展開、そして一晩たってまた会いにきてくれた女の子の、コールテンくんへの本物の愛情。絵本を開いてから閉じるまで、読者の心をつかんではなさない、あたたかな絵本です。
 
 あなたと、大切にしているぬいぐるみの間にはどんなストーリーがあるでしょうか? そんなことも思い出しながら、親子で読んでいただきたい1冊です。
 

この記事にでてきた本

 

バックナンバー

今日の1さつ

表紙の絵やとちゅうの絵がかわいいのでレンちゃんや高田さんの気分になれて本の中の世界にすいこまれるのでドキドキハラハラしておもしろかったです。(9歳)

pickup

new!新しい記事を読む