icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

ハロウィンに読みたい! おばけ屋敷の住人 vs 女の子のきもだめし? 『おばけやしきへようこそ!』

10月31日は、ハロウィン! 数年前までは日本であまりなじみがなかったイベントですが、このところは各地で催しもあり、にぎやかな日になりました。おばけや妖怪といえば、夏のイメージがありますが、あらたに10月にもおばけさんの出番がやってきたようです。
きょうご紹介する絵本は『おばけやしきへようこそ!』(キッキ・ストリード 作/エヴァ・エリクソン 絵/オスターグレン晴子 訳)。さて、いったいどんなおばけたちが待ちかまえているのでしょうか?

人里はなれすぎて誰もやってこないおばけ屋敷に、ある夜、お客さまが!

 お話の舞台は、森のおくふかくにそびえたつおばけ屋敷。そこにはこわ~い魔女やばけもの、ゆうれいたちが住んでいました。とはいえ、なにしろ「森のおくふかく」にあるので、そんなところまではるばるやってくる人間もおらず、彼らはそのおそろしさを発揮する機会もなく、きままな毎日をおくっていました。

想像どおりのおばけ屋敷! おそろしそうです…。

 
 そのお屋敷に、ある夜、道にまよったひとりの女の子がたずねてきました。お父さん、お母さんはぐれて、ひとまずどこかに泊まらせてもらおうと、この屋敷のドアをノックしたのです。夜に! ひとりぼっちの女の子! このまたとない「おそろしさ」をためすチャンスに、屋敷の住人たちは、大はりきり! 
 ところが、この子、なかなか手ごわい人物だったのです

「もっとがんばって!」思わずおばけを応援したくなる負けっぷり

 へびやくもが入ったぶきみなスープをだせば、「けっこうです」、怪物がべとべとの指でつかまえようとすれば「指をあらわなくちゃいけないわ」。魔女も、ゆうれいも、トロルも、はてはライオンも…あの手この手で女の子をこわがらせようとするのですが、ちっともうまくいきません。そもそもこの家が「おばけ屋敷」だということすら、認識していないようです。

このがっかりした表情! ねまきにサンダルという怪物の格好から、いかにふだんなまけているかがうかがえます。

 おそろしい見た目とは裏腹に、たよりない屋敷の住人たちと、何者にも動じない女の子の、まさに「のれんに腕おし」のやりとりが楽しい絵本。
 
 ハロウィンにむけての1冊にいかがでしょうか?

 


この記事にでてきた本

 

バックナンバー

今日の1さつ

まだ1歳ですが絵本が好きなので、絵がきれいなものを探していて、気に入り購入しました。いろんな世界のいえがとてもステキで、大人になるまで大切にしたい一冊になりました。たくさん読んであげたいです。(読者の方より)

pickup

new!新しい記事を読む