icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

しわしわのトマト、芽が出たじゃがいも…台所から野菜たちの怒りの声が!『ぞろりぞろりとやさいがね』

トマト、じゃがいも、きゅうり、ねぎ…。どれも家の台所によくある野菜ですね。栄養たっぷりの野菜が主役の絵本はいろいろあります。でも、きょうご紹介する『ぞろりぞろりとやさいがね』の主役は、その台所で忘れられ、古くなってしまった野菜たち! しわしわになったり、くさったり、芽が出たり…「やっちゃった〜」ということ、みなさんもあるのではないでしょうか? 忘れられた野菜たちが、怒って立ち上がります!


真夜中、冷蔵庫から出てきたのは…

 家の人が寝静まった真夜中、だれもいない台所で、冷蔵庫がぎぎぎぎ ぎぎぃー…と開きます。中から出てきたのは、きゅうり。どうやらしなびて、ずいぶんと細くなっているようです。
「もう、がまんできない!」というきゅうりに続いて、ごぼうとトマトも出てきました。
 
 別のくらやみからは、芽がにょきにょきと出たじゃがいもたちも! 「こんなになるまで、ほっておかれたのだ。もう おれたちのことなど、わすれてしまったのかもしれん。く、くやしい。」

 涙をにじませる、忘れられてしまった野菜たちは、めぐまれない野菜たちの集まりがあると聞き、家の外に出ました。すると、他の家からも、ちいさな影が、ぞろりぞろり…。あちこちの家の古くなった野菜たちが、いっせいに集まってきます。

古くなった野菜たちの、怒りのさけび!

 集まった野菜たちは、あわれな姿を見せあいます。しなびて先が曲がってしまった長ねぎ。ひからびて、元よりもっと細くなったごぼう…。一見元気そうなかぼちゃも、後ろを向けば、くさってぼろぼろ。かぼちゃの大きなくぼみには、野菜たちも思わず「おおぉ〜」と声を上げました。


 人間への怒りが高まった野菜たちは、こうなったらもっと人間を困らせてやる! と、一致団結して復讐をちかいます! 「りょうりに しのびこんで、おなかを こわしてやる!」などという物騒なことばも…。
 
 ところがその時、ごぉぉぉぉ〜〜〜〜ん… お寺の鐘が鳴りました。現れたのは、みみずのおしょうさん。
 「やさいたちよ、そう くさるでないぞ。」野菜たちをさとすおしょうさんの言葉とは…?

野菜はおいしく食べたい…!

 つい野菜をほったらかしてしなびさせたり、くさらせたりしてしまった経験、みなさんにもあるのではないでしょうか。そんな身近なことをテーマにした、クスッと笑えるおはなしです。
 作者のひろかわさえこさんは、季節ごとの野菜が登場する「やさいむらのなかまたち」シリーズや、野菜とくだものがテーマのあかちゃん絵本「ちいさなやさいえほん」シリーズ、「ちいさなくだものえほん」シリーズなども手がけています。今回の絵本は、いつもとはちがうアプローチで野菜の姿を描いていますが、ひろかわさんの実体験が元になっているとか…。巻末には、野菜を長持ちさせるための豆知識も載っていますよ。
 
 読んだあとは、野菜が愛おしくなるかも? お家の野菜を思い出しながら読んでみてくださいね!

この記事にでてきた本

 

 

バックナンバー

今日の1さつ

絵の”ニッコリ”した表情が好きなようです。鳥の親子の場面が一番反応がありました。(0歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む