icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

まっ白な日ざし、青い草のにおい…ページのなかからあふれだす、夏!!『なつのいちにち』

この夏、みなさんは何かチャレンジしてみたいこと、あるでしょうか? 長い夏休み、なにかひとつ、「やったぞ!」ということを見つけると、きっと夏がおわったあとも、ずっと心にのこる思い出になるのではないでしょうか。今日は、そんな達成感とともに、思いっきり夏を感じられる絵本を紹介します。はたこうしろうさんの『なつのいちにち』です。

 暑い暑い夏の日、男の子はひとりで家をあとにします。あたまに大きな麦わら帽。右手には背の高い虫とりあみ
 
「きょうはぜったいつかまえる。ぼくがひとりでつかまえる。」
 
 立ちならぶ家々のあいだをぬけ、まっさおな空のしたに広がる海ぞいの道を走り、草むらをとびこえ……ひたすらその先をめざします。
 

 ページをひらくたびに、どこかなつかしい田舎の風景が広がります。いつのまにか、草の青々とした香りがしてきたり、セミの鳴き声がきこえてきたり。自分のまわりできこえていた音はとおくなり、まるで、男の子とともに、絵本のなかの夏に入りこんでいるかのような、ふしぎな感覚になっていきます。
 
 そして……
 
 たどりついた木の上に見つけた、お目当てのもの。それは、クワガタ!! 
 

 ジャンプしたり、木にのぼってみたり、なんどもなんども、汗だくになりながら、泥まみれになりながら、男の子はクワガタに挑戦します。そして、ようやく……
 
 つかまえた! つかまえた! つかまえた! つかまえた! ツカマエタ!
 
 絵本をとおして男の子といっしょに夏をかけぬけたからこそ、自分の手でつかまえた、自分だけのクワガタを手にした男の子の「できた!」というすがすがしい達成感が、こちらまでうれしく伝わってきます。
 
 五感で夏を感じられる、さわやかな絵本。本を閉じると、おもわず夏の日差しのなかにとびだしたくなるかもしれません! 絵本で「夏」を、存分に味わってみてくださいね。

この記事にでてきた本

バックナンバー

今日の1さつ

絵の”ニッコリ”した表情が好きなようです。鳥の親子の場面が一番反応がありました。(0歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む