icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

今週のおすすめ

夢枕獏×松本大洋による、中国神話に登場する伝説の生き物を描いた絵本『こんとん』

『陰陽師』などの人気シリーズを手がける作家・夢枕獏さん、『ピンポン』などで熱烈な支持を集める漫画家・松本大洋さんのお二人による初の絵本『こんとん』。

題材となったのは、中国神話に登場する「渾沌(こんとん)」の伝説です。カオスと同義で語られる「こんとん」を、愛しさをこめてあらたな解釈で語った作品です。

名前がないので、誰でもない。誰でもないから、何にでもなれる。それが、こんとん

 こんとん こんとん

 たたいてるんじゃないぞ。

 こんとん こんとん。

 名前じゃないよ
 まだ 名前は ないからなあ。

 名前が ないので
 だれでも ない。

 だれでも ないのに
 だれでも ないから
 なんにでも なれる。

 それが
 こんとん
 ということなんだなあ。

 語りかけるようにはじまる、こんとんの物語。

 こんとんは、6本の足を持ち、6枚の翼を持っていますが、目も耳も鼻も口もありません。けれども、いつも空を見あげて笑っているのだそうです。

 そんな、こんとんのところに、ある日、南の海の帝と北の海の帝がやってきます帝たちは、こんとんに、2つの目、2つの耳、2つの鼻の穴、そして口、あわせて7つの穴を作ってやることにしますが–––– 。

「愛しい」存在という、あらたな解釈

 「渾沌」は中国に伝わる、伝説の生き物。古典の授業でならう『荘子』のなかで出会ったという方も多いでしょうか。カオスと同義で語られるこの「こんとん」を、今回、夢枕さんが「愛しさ」というあらたな解釈をこめて描きました。

 心地よいリズムの言葉と、なつかしさと新しさのあるイラストが、なにものでもない「こんとん」という存在への、読者の思いや想像をかきたてます。気づかないうちに力の入っている私たちの毎日に、ふと新しい風を吹かせてくれる、やさしい物語です。

 物語は、このように締めくくられます。

 こん とん こん とん
 きみのことが すきだよ。

 愛しい「こんとん」の姿に、あなたもぜひ出会ってみてください。

松本大洋原画展 絵本『こんとん』(夢枕獏・文)刊行記念  

会期:2019年2月19日(火)〜2019年3月15日(金)10:00~22:00(※最終日は17:00まで)
会場:青山ブックセンター本店内・ギャラリースペース
住所:東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
関連サイト:http://www.aoyamabc.jp/fair/taiyo-gallery/

バックナンバー

今日の1さつ

とても大好きな本だったため、妊娠を機に友人にたのみ、プレゼントとして頂くことに…! 子どもも好きになって歌を歌ってくれたらいいなと思っています。(0歳・お母さまより)

pickup

new!新しい記事を読む