icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

本のイベント

『パペラ 1枚の紙でつくるはらぺこあおむしとなかまたち』ワークショップが開かれました!

パペラ 1枚の紙でつくるはらぺこあおむしとなかまたち』の著者、吉原順一さんのワークショップが、820日、神保町のブックハウスカフェで行われました。はさみをつかいはじめたお子さんから小中学生まで、幅広い年齢の方があつまってくださいました!

パペラ」ってなあに? 

 「パペラ」とは、吉原順一さんが考案した1枚の紙を「切って」「まるめて」「さしこむ」と、 自立する立体がつくれる、紙あそびです。
 
 
 『パペラ 1枚の紙でつくるはらぺこあおむしとなかまたち』は、吉原さんが『はらぺこあおむし』を はじめとしたエリック・カールの作品で、立体のカードを作った本。
 
パペラ1枚の紙からつくるはらぺこあおむしとなかまたち
 
 この1冊で、13種類のパペラがつくれます! 平らなところだったら自立するので、カール作品の動物たちが、 ご自宅でちょっとしたインテリアとしても活躍してくれます。
 

さあ、ワークショップのはじまり!

 ワークショップでは、まず吉原さんオリジナルのパペラ、フクロウやネコ、天使などをつくります。はさみでチョキチョキ、紙をくるっとまげて差しこむと、かわいい立体に! 参加者のみなさん、勘がよく、つぎつぎに完成させていきます。
 
 
 
 パペラのコツがわかったところで、「はらぺこあおむし」に挑戦。切れこみ線をはさみで切ったら、まずは青い丸どうしをさしこみますよ!……とわかってはいるのですが、あら、顔が前を向かない?   「作り方の説明は見ないでつくるんだ!」と小6の男の子。がんばって自力で完成させました。
 
 
 いろいろと試行錯誤するのも、おとなりの人と話しながらつくるのも楽しく、できあがると達成感があります! 親子のコミュニケーションにもぴったりだなと思いました。
 
 ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
 
(編集部 和田)

この記事にでてきた本

バックナンバー

今日の1さつ

描かれている町のモデルのような田舎に住んでいるわけでもないのに、読んでいると思い出す感覚や匂いがあります。こどもの頃の放課後などです。外で遊んでだりして、都会にいても自然を感じとる力が備わっていたのかなと思います。とてもすてきな感覚を思い出すことができました。(20代)

pickup

new!新しい記事を読む