icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

編集部だより

日帰りで楽しい! フェリーの旅

 こんにちは! 編集部の秋重です。好きなのりものはフェリーです。フェリーのいいところは、車も人もバイクも荷物もガンガン運べるところと、なんといっても海!をわたるというところではないでしょうか。気持ちのいいのりものです。でも、弱点もあります。それは、なんか遠くにいかないと乗れないんでしょ…大旅行になっちゃうんでしょ…みたいなところ…。いや、そんなことはない。というわけで、きょうは、関東近辺で楽しく日帰りフェリー旅ができるところをご紹介します!
 
 乗るのは、東京湾フェリー。航路は久里浜港から金谷港まで。名前のとおり、東京湾を横断するフェリーです。電車や車でいこうとすると大回りしないといけないところを、フェリーならすぐ! 確かにここは船をわたしたくなりますね。
 
東京湾の地図
 
 じつはこの旅は、今度出る絵本の取材でもありまして、絵本作家の中垣ゆたかさんといっしょです。久里浜駅からバスで久里浜港へ向かいます。
 
バスで久里浜港へむかう。バスのなかの写真
 
 久里浜港へは10分ほど。フェリーまだかなー…
 
フェリーをまっている中垣ゆたかさん
 
 そのとき、ぼぼーっという汽笛の音とともに、フェリーがあらわれました!
 
フェリーが海のむこうからやってきました!

かっこいい!!

接岸したフェリー。口が大きく見えている

接岸しました。大きく口を開けたように見えます。これまたクール

フェリーの大きな写真

この角度もいい!!

 この東京湾フェリー、なんと1日に12便もあるのです。地域の人たちの足として活用されているんですね。
 
フェリーの時刻表。一日に12本あります
 
 船内はこんな感じです。全体にただようレトロな雰囲気がたまりません…!
フェリーのなか・その1

席の仕切りのカーブ加減がとてもよい

フェリーのなか・その2

シートの柄も完璧ですね

 おもわず船内の売店でアメリカンドッグを買ってしまいました。出航です。売店にはほかにもお菓子やビール、ジュースなども売っており、旅気分がどんどんもりあがります。
 
フェリーからながめた海。タンカーが見える
 
 湾内なので、あんまり「海だー!!」という感じではないのですが、気持ちいいです。天気がよければ富士山も見えるみたいです! のんびりすすんで、あっというまに金谷港。
 
金谷港についたところ

うしろむきで接岸します。ちょっと緊張する瞬間

 40分の船の旅。たった40分乗るだけで、ちょっと別世界に着いたような気分。リフレッシュにはじゅうぶんでした! 金谷港近辺にはおいしいお寿司屋さんもありました。ちょっと旅に出たいな…という気分にぴったりです。
ってみたくなったら、東京湾フェリーのオフィシャル情報はこちらからどうぞ!
 
◎この取材の成果はこんな感じになりました! 
 
本の画像。フェリーの絵のページ。

フェリーの入り口。ひらくと……

本の画像。ひらいたところ

どーん!!きもちいい!

『ひらいてびっくり! のりもののりもの』という名前の絵本です。2月28日あたりに本屋さんにならびはじめるとおもいます。ぜひごらんください〜!
 
ペリー上陸記念碑と中垣ゆたかさん

絵本もよろしくお願いします!

 
(編集部 秋重)

この記事に出てきた本

関連記事

バックナンバー

今日の1さつ

この『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』はぼくに本を読む楽しさを気づかせてくれた1さつです。紅子とよどみの会話は、どちらがどんな行動をするのか、ドキドキしながら1ページ1ページめくっていました。続刊楽しみにしています。(12歳)

pickup

new!新しい記事を読む