icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

編集部だより

「打ち合わせ」をのぞいてみよう

 こんにちは。編集部の藤田です。今年はきびしい残暑もなく、あっといまに秋がやってきそうですね。ランニングが好きな私は、涼しい季節が好きです。
 
 さて、今回ご紹介するのは、まさに編集の舞台裏「打ち合わせ」風景です。
ふだん作家さんと、どんなところでお会いしているのか、ほんの例ですがご紹介!
 
 まずはこちら。
 絵本『ウルトラマンをつくったひとたち』(2014年/いいづかさだお・まくたけいた・たばたけい)の打ち合わせ風景です。
場所は東京・町田の宮越屋珈琲。時は2014年4月。
 
 
 まんなかにすわる渋い帽子の方は、特撮界の「生き証人」飯塚定雄さん(初代ゴジラにもかかかわっている!)。ご自身の特撮現場での経験から、絵を描いてくださいました。絵本の下描きであるラフを見ながら、どこを大きくするか、文章はどうしたらわかりやすくなるか、などを話しあっています。
 打ち合わせは、たいてい喫茶店でおこないますが、この店のように、ゆったりとおちついたお店はとっても貴重です。
 
 
 
 つづいてこちら。
 『小惑星探査機「はやぶさ」大図鑑』(2012年/川口淳一郎監修)の打ち合わせ。場所は偕成社の会議室。時は2011年10月です。
 
 
 左から画家の池下章裕さん、作家の松浦晋也さん、編集者の深須祐子さんです。机の上に資料を広げて、どこにどんな写真をいれるべきか、絵はどんなものをイメージしているか、などを話し合っています。
 こうして大量に資料が必要なときは、やっぱり会社がいちばんです。
 
 
 こちらは作家さんのアトリエ。
 絵本『よるです』(2014年/ザ・キャビンカンパニー作)の打ち合わせ。場所は大分県由布市にあるザ・キャビンカンパニーさんのアトリエです。時は2014年9月。
 
 
 「原画ができました」というご連絡をうけて、九州出張。いゃっほい! キャビンさんは使われなくなった小学校をアトリエになさっていて、作品もそこに保管しています。だから教室内は、まるで大迫力の展示室。机の上には『よるです』の次の作品となった『へんてこいきものずかん』(2015年)のラフも見えますね。
 
 
 ちょっとかわったところではこちら。
 詩画作家の星野富弘さんとの打ち合わせ。場所は星野さんのご自宅ちかく、群馬・赤城山麓。ときは2013年2月。
 
 
 車椅子の星野さんは、毎夕、近所をのんびりと散歩なさいます。雄大な赤城山や足元に咲く花を見ながら、創作のテーマを見つけたり考えたりなさるそうで、その時間をとっても大切になさっていらっしゃいます。そのお散歩に私たちもご同行しました。
 星野さんの横にいるのは、偕成社の社長・今村正樹。正面に見えるのは赤城山です。
 
 
 こちらはファーストフード店。
 新刊の絵本『ふたつでひとつ』(2017年11月予定/かじりみな子作)の打ち合わせ。場所は東京・多摩地域。
 
 
 ファーストフードやチェーンのカフェなどは、あんまり打ち合わせではつかいません。というのは、印刷物や原画を広げるには、テーブルがやっぱり小さいんですよね。でもこのお店は、けっこうテーブルが大きい。なので、かじりさんとお会いするときは、たいていここです。原画と色校正(色合わせのためのテスト印刷)を見比べていますね。ファーストフード店は明るいところが多く、原画を見るに当たって、その点では助かります。
 
 
 さいごは作家さんではなく、デザイナーさんとの打ち合わせ。
 場所はJUN KIDOKORO DESIGNの事務所です。ときは2017年8月。
 
 
 さきにご紹介した『ふたつでひとつ』の原画を、デザイン・装丁家の城所潤さんに見ていただいています。原画を見ていただくと、次の段階で印刷所から出てくる色校正でも「ここはちょっと原画の色とちがうね」といった的確なアドバイスをいただけます。
 余談ですが、城所さんは私のランニングの「師匠」でもあり、フルマラソンを3時間台前半で走るランナーです(これってとってもすごいんですよ!)。なので仕事の話がひと段落すると、レースや練習の話で盛りあがることもしばしば。ランニングでも心強いアドバイザーです。
 
 いかがでしたか。ともすれば地味な仕事ですが、本を作るにあたってとっても大切な「打ち合わせ」。その雰囲気を少しでも感じていただけたでしょうか。
 
 私はできるだけ外の風景の見える、できるだけ窓の大きい喫茶店を選びます。
 そのほうが気持ちがいいですものね!
 
 あと大事なこと忘れてました。飲むのはだいたいコーヒーです。
 
 ではまた!
 
 
(編集部 藤田)

バックナンバー

今日の1さつ

大好きなノンタンが、楽しい仲間たちと本を通してたくさんの遊び、ルール、マナー等を教えてくれて、それも楽しくあきなくて。大切なお気に入りの1冊となりました。ノンタンは永遠の友達であり、エネルギーの源ともなりそうです。(2歳・ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む