icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

偕成社文庫100本ノック

第36回(プレイバック中!)

エロシェンコ童話集

『ロシアの盲目の詩人 エロシェンコ童話集』高杉一郎 編訳

 1890年、ロシアに生まれたワシーリー・エロシェンコは、4歳のときに麻疹で失明します。
 22歳でイギリスへ留学、24歳のときには東京盲学校であんまの技術を学び、シャム(現在のタイ王国)やミャンマー、インドなどを転々としながら盲人教育の現場にたずさわりました。その後しばらくは日本で暮らすも、社会主義者の会合への参加を理由に国外追放となり、ウラジオストク、ハルビン、上海、北京と移動します。魯迅などのはからいで、北京大学でロシア文学について教鞭をとり、その後はモスクワに行き、盲人教育の仕事をしたのち、1952年、生まれ故郷で亡くなりました。

 ……こうしてふりかえると、まさに「吟遊詩人」という名にふさわしい、旅の人生だったことがわかります。この本には、そんなエロシェンコが残した童話が4篇と、詩が2篇収録されており、また「モスクワ盲学校の思い出」では、幼いころのエピソードが描かれています。

 どの物語にも通底するテーマは、「人はいかにして自分の主人たりうるのか」ということだったように思います。それは自由を求めて彷徨する『せまい檻』に登場する虎や、「モスクワ盲学校での思い出」に登場する李鴻章や大公殿下にかんするエピソードにもあらわれています。
 ロシア革命がおこり、スターリニズム––––いわゆる「狂気の時代」を、障がいをもちながらも懸命に生きたエロシェンコのことばには、現代をいきる私たちの心にもひびくものがあります。はたして、私はじぶんが正しいと思うことを正しいといえるだろうか––––いやはや、なかなか胸を張って答えられないなあ、と思うのでした。

 本の終わりには、こんな一節があります。

 この小さなスケッチを終わるにさきだって、闇の世界がわたしになんでも、そしてだれでもうたがってみることをおしえたということ、先生たちの言葉でも、あるいはそのほかのどんな権威者の言葉でも、ひとまずうたがってみることをおしえたということを、わたしはいっておかなければならない。
 わたしはなんでもうたがったし、どんな権威も信じなかった。わたしは神は善であるということも、悪魔は悪であるということも、ともにうたがった。わたしはどんな政府もうたがったし、その政府に信頼をよせているどんな社会もうたがった。

 4歳で光をうしなったエロシェンコは、人間の、世界の深いところを常にみつめていたのだな、と感じます。ささめやゆきさんによる素敵な挿画とあわせて、ぜひ読んでみてください。

 収録作品 「鷲の心」「せまい檻」「おちるための塔」「バイタール物語」詩「悲歌 わたしは海辺に」詩「わたしは心に」「モスクワ盲学校の思い出」

(編集部 丸本)

バックナンバー

今日の1さつ

カタカナの名前のキャラがたくさん出てきて、展開も早いので、とても面白いとスラスラよんでいます。この文字の大きさは初めてのチャレンジでしたが、絵本→少し大きめの文字の本→ときて、少し大人の文庫本としてチャレンジするのにとても良かったです。(7歳・ご家族より)

pickup

new!新しい記事を読む