icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

偕成社文庫100本ノック

第30回

阿Q正伝・故郷

『阿Q正伝・故郷』 魯迅 作/小田嶽夫 訳

 この本には、表題の「阿Q正伝」「故郷」をはじめ、全部で6編の小説が入っています。今回は「阿Q正伝」についてのおはなしです。

「阿Q正伝」をはじめて読んだのは、たぶん高校生のころです。教科書に載っていたのかもしれないし、図書館で見かけたのかもしれないし、きっかけは忘れました。ただ、タイトルがやけにパンクだな!と思ったのをおぼえています。中国の人が書いたのに、「Q」ってなんなんだ……オバケなのか……もう漢字ですらないし……と表紙に踊るタイトルをじっと見つめていました。

 はじめて読んだ時も、今この文章を書くために読み直してみても、このおはなしのことをわたしは全然理解できていない気がします。読み終わって、「え、なんなのこれ?」と頭の中がくらくらします。

 主人公は「阿Q」というおじさんで、この「阿Q」のことを「私」が書く、という体裁になっています。阿Qは物事を自分の都合のいいようにとらえるのが得意で、おそろしいほどの自尊心の持ち主です。正直に申し上げますと、あまり好意を持てるタイプの人ではありません。でも、阿Qもひどければ、阿Qのまわりの人もそんな阿Qをなんとなく利用していてわりとひどい。みんなひどいのに、読みすすめるうちに、なぜか自分のなかの触れられたくないものに触れられているような気がして、ムズムズします。阿Qのひどさも、阿Qのまわりの人のひどさも、どちらも私のなかにあるものだからだとおもいます。さすがにわたしはこの小説のなかの人たちみたいには、ストレートにそういうひどさを発露できないけれど。いやーな気分になります。でもなぜかやめられない。なんか変な小説です。

 魯迅による「君たち愚民、みんなひどいッスよ!」っていう声明なのかもな、と今は一応おもうことにしています。この小説が発表された時に当時の人といっしょに衝撃を体験したかった、とおもったりもします。まあ、でもよくわかんない話であることにかわりありません。ただ、阿Qの生活のめちゃくちゃな感じは、踊っているような時もあるし、ドラムが聞こえてきそうな時もあって、読んでいて音楽を聞いているような気分になり、そこは気持ちがいいなとおもいます。

 わたしのあたまのなかでは、クラッシュの「I Fought The Law」が鳴りました。どの曲が鳴るか、ぜひためしてみてください。

(編集部 秋重)

バックナンバー

今日の1さつ

まだ1歳ですが絵本が好きなので、絵がきれいなものを探していて、気に入り購入しました。いろんな世界のいえがとてもステキで、大人になるまで大切にしたい一冊になりました。たくさん読んであげたいです。(読者の方より)

pickup

new!新しい記事を読む