icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

偕成社文庫100本ノック

第9回(プレイバック中!)

クラバート

『クラバート』プロイスラー 作/中村浩三 訳

「魔法」「魔法学校」「魔法使い」。
 これらが出てくるファンタジーをこれまでいくつも読んできましたが、やはりいくつになっても憧れてしまう、魔法の力!

『クラバート』も魔法学校で愉快に魔法を学ぶ少年のお話、かと思いきやの、これはちょっと異色のファンタジー。表紙の、人間の頭をもったカラス(これが、主人公のクラバート)も、なんともいえない不思議な表情でこちらをじーっとみつめています。

 主人公の少年クラバートは、夢できいた声に導かれ、水車場で見習いとして働きはじめます。
 水車場では、厳しい親方の監視のもとで、同じく11人の職人たちが働いていましたが、彼らは週に一度、カラスに姿を変え、親方から魔法の呪文を教わる弟子たちでもあるのでした! 他の職人たちともに親方から魔法を学びはじめたクラバートは、好奇心から努力を重ね、ぐんぐん魔法の力をつけていきます。

 ……と、一見わくわくするようなお話なのですが、実は、ここまでずうっとこの物語にはなにか、不穏な空気が漂っています。魔法を学ぶ喜びに心を躍らせたいのに、なんだか後ろ髪を引かれるような、暗示的な描写が、そこここに、あるのです。

 その正体を端々から探りながらも、魔法の魅力にクラバートと共に感嘆したり、緊迫のシーンに身体をこわばらせたり……読みはじめたら、どっぷりとその世界に浸ってしまいます。

 ドイツに伝わる伝説を元に、プロイスラーが描き上げた長編のファンタジー。
 あの宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』にも影響を与えたといわれている作品です!

(販売部 宮沢)

バックナンバー

今日の1さつ

まだ1歳ですが絵本が好きなので、絵がきれいなものを探していて、気に入り購入しました。いろんな世界のいえがとてもステキで、大人になるまで大切にしたい一冊になりました。たくさん読んであげたいです。(読者の方より)

pickup

new!新しい記事を読む