icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

老嬢物語 -思い出のおばあさんたち-

偕成社の旧ウェブサイトで2年間連載をし、現在こちらのサイトで限定公開中のたかどのほうこさんエッセイ。旅先で、日々の暮らしで、本や映画で……。これまでに出会った印象深い〈おばあさん〉たちを拠りどころに、遠い日の光景や様々な思いをユニークな視点で綴ります。

プロフィール

  • たかどのほうこ

    たかどのほうこ

    函館市生まれ。『へんてこもりにいこうよ』『いたずらおばあさん』で路傍の石幼少年文学賞、『十一月の扉』『おともださにナリマ小』で産経児童出版文化賞を『わたしたちの帽子』で赤い鳥文学賞・小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。その他の作品に『すてきなルーちゃん』『トランプおじさんとペロンジのなぞ』『お皿のボタン』、「つんつくせんせい」シリーズ、『紳士とオバケ氏』『まあちゃんのながいかみ』『ねこが見た話』、「ゆかいなさんにんきょうだい」シリーズ、『ピピンとトムトム』などがある。札幌市在住。

outline

「老嬢物語」は本でお楽しみいただけます!

偕成社の旧ウェブサイトで2012年7月〜2014年6月まで連載をし、現在こちらのサイトで限定公開中のたかどのほうこさんエッセイ「老嬢物語」。
全話は、書籍でお読みいただけます。

今日の1さつ

娘に読ませたくて、ホームズの本を探しておりました。現代マンガ風の挿絵のものもある中、こちらは当時の雰囲気が伝わる本格的な感じで、字も読みやすく、8才の子でもふりがながのっているおかげで、ちゃんと読めたようです。今まで児童文学文庫=岩波少年文庫と思っておりましたが、偕成社文庫のラインナップが気に入り、書店ではまず、こちらの棚をのぞいております。

pickup

new!新しい記事を読む