icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_hatena_01 icon_line_01 icon_pocket_01 icon_arrow_01_r

本のプロのイチオシ! Kaisei web 書評コーナー

Kaisei web限定書き下ろし、本のプロによる書評コーナー。

不定期更新

outline

〈書評〉
「守り人」シリーズ『風と行く者』
上橋菜穂子・作 佐竹美保・絵

「心の底から楽しみなのに、読むのが怖くて仕方ない」
 この物語を目の前にして、私は胸の高鳴りと共に、異様な不安を覚えました。
 何せ『天と地の守り人』でシリーズの本編が完結してから、気づけば十年以上が経っており、「続編、出ないかな? ––––できるなら、『その後』の話を読んでみたい」と期待しつつ、「でも、もう出ないだろう」と思い込むことに慣れきっていたファンにとって、まさに青天の霹靂。夢に見ることさえ忘れていた、「その後」の物語なのです。

今日の1さつ

娘に読ませたくて、ホームズの本を探しておりました。現代マンガ風の挿絵のものもある中、こちらは当時の雰囲気が伝わる本格的な感じで、字も読みやすく、8才の子でもふりがながのっているおかげで、ちゃんと読めたようです。今まで児童文学文庫=岩波少年文庫と思っておりましたが、偕成社文庫のラインナップが気に入り、書店ではまず、こちらの棚をのぞいております。

pickup

new!新しい記事を読む